読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

docomo回線、解約…。

スポンサーリンク

先週末、サクっと完了した。
本当は月初に行うつもりだったのだけれど、ズボラな性格ゆえ、2週間遅れになってしまった。日割り料金を考えると、ちょっと痛い。ただ、まぁ、これでスッキリした。
解約したのは、ちょうど2年前、BBB9900を新規契約した時の回線。2年縛りの区切りで違約金が掛からず、月々サポートが切れるこのタイミングで解約しようと、以前から決めていたのだ。
BBB9900自体は、それまで9780で使っていた時のSIMを入れて使っているため、そもそも回線は不要。ケータイ補償お届けサービスも行使したので、もうこの回線に未練はない。
今月を逃すと、横暴な自動2年縛りがかかる上、月々サポートもつかないから割高になる。いいことなんか何もない。
当初はMNPするつもりだった。そうすれば、自動的に旧回線は解約となる上、チャンスも生まれる。去年、GALAXY Note IIを超激安でゲットした時のように、MNPならではのメリットがあったりするので、その権利を行使しないと損する気がしていた。
ただ…。最近はMNPでの優遇措置が薄れてきていて、いい条件を探すのに苦労しそうだったし、特に今すぐ欲しい端末もなかった。
ということで、単純な解約に決定。ドコモ回線を純粋に解約するのは久しぶりだったので、最初は少し戸惑った。
イー・モバイルやMVNO契約では、オンラインや電話などで解約できたため、docomoも同じかと思っていたら、違った。わざわざdocomoショップまで出向かなければいけないのだ。
正直、これが面倒で2週間遅れになってしまったと言える。近所のdocomoショップはいつも満員で、休日は1時間以上待つこともザラ。解約のためだけに、貴重な時間を費やされるのは、本当に辟易だった。
この時勢、なぜショップに行かなければ解約手続きができないのか、理解に苦しむ。MNPならばそれが不要なので尚更。
ということで、ちょっと憂鬱だったのだけれど、そうやってグズグズしていると、更新月が終わってしまうため、先週末、何とか重い腰を上げて、docomoショップへ向かった。
僕が着いたのは店舗の閉店間際。しかしまだ受付は行っていた。幸運なことに、待ち人はおらず、入店早々、入口付近に立っていた店員から「よろしければ、用件をお伺いいたしますが…」と言われた。
僕は一瞬戸惑ったものの、「解約です。」と告げると、あっという間に手続きが始まった。
手続きと言っても、電話番号を告げ、身分証明書を出しただけ。ものの3分もかからず、あっという間に終了。
窓口のお姉さんからは、「お客様は今月更新月となりますので、手数料は一切かかりません。」と告げられた。それはわかっていて、だからこそ解約したのだけれど、何だかホッとした。
久しぶりに、手持ちの契約回線数を削減することができ、とってもスッキリした気分だ。これで、現在の契約回線は、docomo×2,au×1,UQ WiMAX、OCN モバイル エントリー d LTE 980の5回線。
うーん、まだ多いかもw
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ