餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

大好きな「一味玲玲」で餃子三昧の宴(後篇)

スポンサーリンク

(承前)
最初に登場したのは、ニラの水餃子だった。
20140407 rinrin gyoza night 1

これだけは明確に覚えている。
しかし、この後は、順番など何も覚えていない。餃子が出てくる毎に、もちろん撮影はしたけれど、外見上の区別が難しく、あらためて写真を眺めてみても、どれがどれやら…という状態だ。
ただ、そうなることは事前に予想できていたので、僕は別途にBlackBerryで、餃子の種類と調理方法をメモしていた。
餃子が出てくると、まず、Galaxy CameraとiPhoneで撮影、メモ、実食。
それが終わる頃、また次の餃子が登場。撮影、メモ、実食の繰り返し。いやはや、餃子のオフ会は忙しいw
ということで、メモからまとめた、この夜の実食記録(店のメニュー順)は以下の通り。

セロリ 500円
白菜 500円
トマト 600円
シソ 800円
エビ 800円
甘辛ピーマン 500円
キャベツ 500円
牡蠣 600円
ホタテ 800円
レモン 600円
パクチー 600円
ニラ 500円
シイタケ 500円
ナス 500円
フカヒレ 600円
ニンニク 600円
鶏肉 600円
◎○はメニューによる店のオススメ。赤アミのセルが、この食べた餃子だ。
なんと、全17種類のうち、14種15通りの餃子を食べていた。
ここまで行けば、あと3種類食べてコンプリートしたかったところだった。
けれど、鶏肉餃子を注文したら売り切れと言われ、その時点で完全制覇はアウト。
餃子以外のものも、箸休め*1に少し食べていたため、流石の餃子好きメンバーたちもお腹いっぱいとなっており、ここで断念せざるを得なかった。
以下には、ズラズラと、この日撮った餃子写真を並べた。
1つの餃子あたり数枚の写真を撮影しているし、色んな角度から撮ったりしたので、もう、僕はどれがどれやら区別がつかない。
見るからに赤っぽいトマト焼餃子や、青っぽいシソ餃子はわかりやすいけれど、その他はかなり難解。もしかすると同じ餃子が2枚出ているという罠もありそうだ。
ということで、興味のある方(?)は、上の表と照らし合わせながら、クイズ的に楽しんでいただければと思う。回答発表はしないけれどw
写真のあとには、全体の味の感想と、僕のナンバーワン餃子も発表しているので、ご参照いただけると嬉しい。
20140407 rinrin gyoza night 2

20140407 rinrin gyoza night 3

20140407 rinrin gyoza night 4

20140407 rinrin gyoza night 5

20140407 rinrin gyoza night 6

20140407 rinrin gyoza night 7

20140407 rinrin gyoza night 8

20140407 rinrin gyoza night 9

20140407 rinrin gyoza night 10

20140407 rinrin gyoza night 11

20140407 rinrin gyoza night 12

20140407 rinrin gyoza night 13

20140407 rinrin gyoza night 14
感想。
これまでのエントリーでも書いてきたけれど、一言で言うなら「美味しい」ということに尽きる。
もちもちで、ジューシーで、いくらでも食べられる。とにかく、何といってもそのバラエティが素晴らしい。
ただ、バラエティはあっても、あくまでこの店の主役は肉。dancyuが表現した「肉汁クライマックス」という表現は、実に的を射ている。
だから、フカヒレ餃子とかホタテ餃子などを頼んで、「あんまりフカヒレっぽくない」「ホタテの味が薄い」と思う人はいるかもしれない。しかし、肉が主役である以上、それは仕方がないのだ。玲玲は、あくまで「肉汁クライマックス」を楽しむ店だから。
ただ、その中で「牡蠣」「ニンニク」「レモン」だけは、強烈に個性を出していたことは特筆しておきたい。ニンニクとレモンは、もともと素材が強烈だから、わからないでもないけれど、「牡蠣」には驚いた。
丸ごと1個のカキが入っていて、猛烈にその味を主張していた。肉の強さに負けていない。これは旨い!
これまで、この店のベストはトマト焼餃子だと思っていたが、それを超えた。この牡蠣餃子だけでも、また食べに行きたいぐらい。
カキが丸々入っているのに、レモンやトマトと変わらない600円というのも素晴らしい。エビ、ホタテ、シソより200円も安い*2というのは、実にお得な気がする。
超オススメ。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:といっても麻婆豆腐だったりw

*2:エビとホタテは理解出来るが、なぜシソが800円もするのかは謎w


マラソン・ジョギング ブログランキングへ