読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

iHatenaSyncあればこそ、安心・快適な「はてなダイアリー」

雑記
スポンサーリンク

僕の平日は、夜明け前からのランニングで始まる。
走っている内に、ブログのネタやタイトル案を固めて、帰宅すると一気に書き上げるのが僕のスタイルだ。
IBMが誇る、永遠の名キーボード、1391401 Model Mのキーを打ち鳴らしながら、家の母艦デスクトップで行うのが常。
僕は、基本的には書き溜めができないタチ*1なので、朝のランニング後が、もっぱら僕のブログ作成タイムになる。
ラン後から出勤までの時間は、それほど多くない。だから、この時間は、僕が1日の中で、最も集中力を発揮する時間*2と言える。
どんなに集中して書いても、内容が伴っていないのは悩ましいところだけれど、まぁ、ここはあくまで僕の自己満足な言い捨ての小部屋ということで、ご容赦いただきたい。
こんな感じで一気呵成に書き上げて、ドタバタと家を出るのが常だから、後で細かい間違いなどを発見することが多々ある。
しかし僕は、少しも悩まない。僕にはiHatenaSyncがあるからだ。


iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 iHatenaSync:

このアプリケーションは、本当に素晴らしい。
僕にとって、iPhoneキラーアプリだし、これがあるから、「はてなダイアリー」を続けていられるとも言える。
このアプリを使えば、エントリーの誤字・脱字修正などはもちろんのこと、構成の変更や注釈の付記なども、実に簡単で、思うがまま。はてな記法も駆使できる。通勤中の車内で修正に修正を重ねて、原形を留めなくなる場合もあるほどだw
もちろん、単体でのブログ作成も楽々で、旅先などでのブログアップには大いに活躍してくれている。
そんな感じで、完全依存しまくっているので、先日、ふと困ったことがあった。
例によって、通勤電車内で、当日のエントリーを呼び出し、微修正をかけるつもりだった。…が、全く同期してくれないのだ。
何度更新をかけても、はてなダイアリーのサーバーに上げたエントリーが、iHatenaSync内に取り込まれない。僕は焦った。その日は、直したい部分が多々あったので、尚更。
iHatenaSyncを使わずとも修正は可能だが、iPhoneでのはてなダイアリー編集画面はお粗末で、非常に使いにくいのだ。だから、僕は本当に困ってしまった。
ということで、Twitterで嘆いていたら、iHatenaSync作者であるaroooyさんから、助け船のリプライをいただいた。お忙しい方なのに、こんな僕の為に時間を割いていただき、恐縮極まりなかった。
aroooyさんから、さまざまなヒントをいただき、試行錯誤した結果、この不正ログイン現象に伴って、はてなダイアリーのパスワードを変更していたことに気がついた。
はてなダイアリーのパスワードを変更したのだから、iHatenaSync側の設定も変更しなければ、同期しないのは必然。そんなことにも気がつかず、aroooyさんにご負担をおかけしてしまったことを、非常に申し訳なく思っている。
昨日も急に同期しなくなって一瞬焦ったが、これは、はてな側における旧来のパスワード認証方式が3月5日をもって終了したため。
それを踏まえて、aroooyさんはきっちりと新バージョンを準備してくださっており、アプリを最新バージョンに更新したら、あっさりと同期がとれた。
はてなダイアリーは、はてな運営側から切り捨てられた存在なのに、その関連アプリサポートを続けてくださるaroooyさんには、どんなに感謝しても感謝しきれない思いでいっぱいだ。
はてな運営側は、はてなブログへの移行に躍起で、今後、「はてなダイアリー」をとりまく未来は明るくない。しかし、iHatenaSyncがあれば、安心・快適にブログを更新、修正できる。
だから、iHatenaSyncがある限り、僕は、「はてなダイアリー」を使い続けようと思っている。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:予めエントリーに掲載する写真などを準備しておくことはある。書き溜めしておけば楽なのになぁ…といつも思うのだけれど、なかなか気分が乗らない。

*2:口の減らない後輩あたりには、「仕事中は集中してないんスか?」と言われそうだw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ