餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

2日間の自重で思ったこと

スポンサーリンク

全てを休もう。
週明け、僕はそう決意した。もちろん仕事は休めないので、仕事に関わる以外のプライベート面での自重。
ラン、ブログ、TwitterFacebook。毎日、僕の精神的支えになってきたものだけれど、いざ身体を痛めた途端、重荷になった。毎日暗い中を走りながら、ブログのネタを考えたりまとめたりして、エントリーするのを常にしてきたけれど、いざ走れないと、ブログのネタを考えるのも億劫になった。
つぶやくことまで休む必要はなかったのだけれど、なぜかそれさえもできなかった。僕の心の軸は、全てランニングにあるのだなぁということを実感。
毎朝起きる時間は変わらなかったので、家を出るまでの2時間で、じっくりと色々なことを考えられるようになったのも収穫だった。朝って、こんなに時間があるのだなぁということを感じられたりもした。
この2日間で思ったのは、僕が走ろうが走るまいが、ブログを書こうが書くまいが、呟こうが呟くまいが、誰も気にしないし、世界は何も変わらないということ。
「毎日何か書かなければ」「呟いておかなければ」などと、いつも考えて過ごしていたのだけれど、自意識過剰にもほどがある。
もう9年以上も書き続けてきたブログだけれど、今度こそ、もう少し気楽につきあっていこうと決めた。
今朝。
ようやく痛みが収まってきた気がしたので、軽く、負担をかけない程度に3km走ってみた。丸2日間安静にしていたおかげもあり、かなり楽だった。本当は、もう少し休むべきなのかもしれないけれど、精神面と身体面のバランスを考えてみて、始動しても大丈夫と判断した。
今シーズン最大の目標のレースまで、あと10日。昨晩、奇しくも参加案内が届いたので、気持ちは高まる。
制限時間がとても厳しいシリアスなレースで、それを寸前に控えての怪我は本当に痛い。
でも、先週まではコツコツと走ってきたのだし、きっとまだ取り戻せると信じて頑張りたい。

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ