餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

絶対後悔しそうだけど、でも、ちょっと欲しいBlackBerry「風」iPhone用キーボード

スポンサーリンク

iPhoneを使い始めて、数年が経つ。
しかし僕は、未だにiPhoneでの文字入力に慣れない。手軽なブラウジング端末としては、とても便利に使っているのだけれど、いざ文字を入力しようとすると、どうにもこうにも憂鬱になる。
文字入力端末としては「史上最強」のBlackBerryを併用していて、それとの落差が激しすぎるからだ。
WebやSNSなどで、閲覧後に書き込む際は、もっぱら「眺めているのはiPhone」でも、「入力しようとするとき」は、わざわざBBBに切り替えたりする。そういうことをしているために、いつまで経っても慣れないし、苦手なままでいる。
ただ、最近は、iPhoneでしか使えないアプリでの入力機会が増えており、正直、辟易しながら使っている。
そんな状況なので、このガジェットには少し惹かれた。

おぉぉ。
見た目「だけ」を言うなら、まさに、iPhoneBlackBerryじゃないか!
ただ、これは、実際にこんな端末が登場されたわけではなく、iPhoneに、キーボードつきケースを装着した画になる。
これまで、iPhoneに横型のQwertyキーボードを装着するタイプのケースは存在していたけれど、縦型、BlackBerry「風」のQwertyキーボードをつけたケースはなかったと思うので、ちょっと新鮮だった。
どういう仕組みになっているかというと、こんな感じのケースのようだ。

想像していたよりスマート。
キーボードがホームボタンを塞いでしまうが、Enterキーがホームボタン代替のキーになっているようなので、問題ない。iPhoneのサイド部分やボトム部分も塞がない造りで、ケーブルなどもそのまま挿せるようだ。
ただ、BlackBerryをこよなく愛するユーザーとしての私見を言わせていただくと、いくら見た目がBlackBerry「風」であっても、実際は「似て非なるもの」であることは明白。BBBのキーボードは単なる文字入力のためのものではなく、OSと一体化した操作性も有している。だから、正直、iOSと合う筈がないのだ。
入力面だけとってみても、Bluetoothでの連携となるのだろうから、文字の追随性において本家に及ぶべくもない。
だから、「iPhoneBlackBerry」をイメージして使おうとすると、正直幻滅するはずだし、後悔必至。
ただ…。


Typo iPhone Keyboard Case:

価格が$99と、思ったより安い。
海外からの輸送費もかかるし、そもそも輸入できるのかどうかも不明だが、もしも購入できるのならば、個人的には「ネタ的」に買ってもよいかなぁと思っている。

この紹介動画を見る限り、そこそこ使いやすそうだし、一度試してみたい。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ