餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夢、揺れ、眠りを実感できるJawbone Upの睡眠ログ

スポンサーリンク

またしても、深夜の地震だ。


地震情報 - Yahoo!天気・災害:

9月20日、そして10月26日に続いて、3ヶ月連続で地震に起こされた。
最近僕は、何よりも睡眠重視の生活を心がけているのに、地震で叩き起こされるのは、本当に勘弁してもらいたいと思う。
昨晩も、帰宅後はすぐ眠りについた。平日の夜は、家でパソコンやスマートフォンなどを一切使わず(=WebもSNSもチェックせず)、即、睡眠へ向かう。
これは本当に熟睡に有効で、この習慣を始めるようになって以来、短時間でも深い眠りが得られるようになった。
だから、深夜や未明時刻に起きる地震は、僕にとって大きなダメージ。折角の睡眠重視生活を台無しにする忌まわしき産物だった。
ただ、昨晩の地震に関しては、地震で起こされた時の不快感がそれほどなかった。地震が起きる直前まで、夢を見ていた記憶があり、一瞬夢の中で揺れているような気もしたので、身体が即応できたからだ。
そのあとしばらく、テレビなどで地震速報もチェックしてから寝たのに、再び眠って早朝に起きた時は、意外なほどスッキリしていた。
それは、朝、起きたあと、Upの睡眠ログを確認して実感できた。

ログの見方は、「紺」=深い眠り、「水色」=浅い眠り、「オレンジ」=目覚めている時間。
これを見ると、昨晩は、就寝後すぐに深い眠りへ突入。途中、わずかな浅い眠りの時間に地震が起きて目覚め、だからこそすんなり起きられたのだなぁと思う。
そして、再び床についた後は、深い眠りへ。
合計睡眠時間は5時間程度で、途中地震で起こされたにも関わらず、今朝とてもすっきしているのは、「浅い眠りの時に地震が起きたため」「深い眠りの時間が長いため」であることが実感できる。
こういった形で睡眠ログをチェックすることで、眠りの大切さを常に心がけられるようになるのが、Up装着の大きなメリット。
眠りに関する僕の意識を変えてくれたJawbone Up。本当に手放せないアイテムだ。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ