餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

バッテリ交換したら、SIMを認識しなくなってしまった9900(発端篇)

スポンサーリンク

何の前触れもなかった。
僕がしたことと言えば、単にバッテリを交換したことだけ。それなのに、突然、愛しのBBB9900が、全くSIMを認識しなくなってしまったのだ。
画面上部、いつもなら「NTT DOCOMO」と表示されている部分に、「Insert SIM Card」という表示。アンテナピクトの部分はSOSのサイン。
ホーム画面は普通に表示されるものの、SIMが認識されなくては、通信できない。さらには、日時もおかしくなってしまい、なぜか10月の日時を示している*1
バッテリ入れ替え時に何か問題があったのだろうかと考えてみたものの、SIMを認識しなくなる要素は全く想定できなかった。
BBB9900は、スタミナに若干の不安があるため、僕は常時2枚の予備バッテリを持ち歩いている。いざという時にすぐ交換することができるようにするためだ。
だから、これまで頻繁にバッテリ入れ替えを実施していて、直近では昨日も行っており、何の問題もなかった。
それなのに、なぜ。今日に限って。
その後、何度かバッテリを入れ替えたり、SIMも取り出して再挿入してみたが、事態は一向に解決しなかった。
途方に暮れた僕は、やるせなくなって、その思いをTwitterで吐き出した。

つぶやいてよかった。
ひとりで悩んでいたら、途方にくれたまま進展せず、1日が終わっていたかもしれない。しかし、呟いたおかげで、@nisido(あにお)さんから貴重なアドバイスをいただくことができた。感謝感激。
あにおさん曰く「SIMの金属部分を何度か拭いたらうまくいったことがある」とのこと。
僕は、最初のバッテリ入れ替え時から、SIMの金属部分には全く触れていなかったので、その手は思いつかなかった。しかし、バッテリ入れ替えに伴う何らかの摩擦で、金属部分がうまく認知できなくなった可能性はある。
ということで、SIMを丁寧に拭き、バッテリを戻して再起動したところ…今度は違った展開になった。
(以下、続く。)

*1:画面のイメージを残しておけばよかったのだけれど、この時はとても動揺していて、撮ることをすっかり失念していた。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ