餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Galaxy Camera「食べ物」モードで撮影した「餃子祭り@高円寺」

スポンサーリンク

究極の焼き鳥に酔った「鳥しき」の翌日は、餃子祭りだった。
本当は、「鳥しき」と連続してエントリーするつもりが、すっかりタイミングを逃してしまった。
各店の詳細なレポートについては、高円寺餃子食べ歩き企画の主催者でもある、東京餃子通信さんのWebサイトで完璧に紹介されているので、今更僕の出る幕はない。餃子好きの方は、そちらをお読みいただければと思う。

ということで、引き続きGalaxy Cameraの「食べ物」モードで撮った写真をずらずらと並べてお茶を濁すことにしよう。
とはいえ、ただ並べているだけでは芸がないので、ひとことコメント&また食べたい度(☆5つの5点満点。★は0.5)を加えておくことにした。
あくまで、「僕が」また食べたいかどうかという基準なので、大いに主観的。味の絶対的な評価ではないので、念のためw
「焼餃子」丸山餃子製作所

「焼餃子」丸山餃子製作所 ☆☆★
味は極めてシンプル。飲み屋の餃子と云う感じ。ギョウザ王の誕生祝いプレートは僕らが持ち込んだものだけれど、店も1皿サービスしてくれた。心遣いが嬉しい。
「しそ餃子」丸山餃子製作所

「しそ餃子」丸山餃子製作所 ☆☆★
見た目は普通の焼餃子と同じだけれど、しその香りがアクセントになっている。
「ネギバカ餃子」丸山餃子製作所

「ネギバカ餃子」丸山餃子製作所 ☆☆☆
焼餃子の上に、ネギがドカッとかけられているため、餃子を普通にとって食べているとネギがこぼれ落ちて余る。でも、それが美味しい。
「揚げ餃子」丸山餃子製作所

「揚げ餃子」丸山餃子製作所 ☆☆☆
カレー味と塩胡椒味があった。僕らはカレー味をチョイス。揚げ餃子は普段あまり食べないのだけれど、カレーの風味が効いていて美味しかった。
「水餃子」丸山餃子製作所

「水餃子」丸山餃子製作所 ☆☆☆
焼餃子を単に茹でただけ…と思っていたら、皮が明らかに違っていた。もちもちして美味しい。ただ、焼餃子が300円とリーズナブルなのに対して、これは480円。コストパフォーマンス的にはちょっと微妙。
「焼餃子」餃子バル

「焼餃子」餃子バル ☆☆☆☆★
これは気に入った!薄皮でパリッとかりっと焼き上げられているのがいいし、具にもしっかりと下味がついている。いくらでも食べられそう。リピートしたい。
「エスニック餃子」餃子バル

エスニック餃子」餃子バル ☆☆☆★
ナンプラーベースのスープにパクチーが添えられた水餃子。こういったタイプの餃子は初めてだったので、新鮮だった。
「トムヤム餃子」餃子バル

「トムヤム餃子」餃子バル ☆☆☆★
エスニック餃子の進化版。タイ料理好きならきっと気に入る味だと思う。
「焼餃子」赤天

「焼餃子」赤天 ☆☆☆
店舗内ではなく、店頭で買って青空餃子(夜だったけど)で食した。「作り置き」ですっかりさめており、皮がしなびていたのが残念。焼きたてを1度食べてみたい。
「焼餃子」たちばな
「焼餃子」たちばな ☆☆☆
「餃子0円!」という衝撃の店。実際は完全ゼロ円というわけではなく、「飲み物を1人前につき餃子1人前無料」という仕掛け。それでも十分お得。
最初は、それならばいくらでも食べられる!と思ったのだけれど…。ちょっと油っぽさが強すぎて、何皿も食べると胃に凭れそうな気がして断念。この日4軒目ということもあって、1皿止まりになった。
写真のまとめ。
「鳥しき」、そして高円寺の餃子群をGalaxy Cameraの食べ物モードで撮影して思うことは、やっぱり「赤が濃すぎるかなぁ」という印象。
まぁ、美味しそうではあるのだけれど…。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ