餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜明けランの幸せ(福島篇)

スポンサーリンク

(承前)
7月14日。福島。朝4時。
僕はすくっと目が覚めた。その前日は、POGドラフト会議の後、競馬仲間と12時ぐらいまで歓談していた筈なので、睡眠不足であることは明白。
しかし、「眠りたい」という気持ちより、「走りたい」という気持ちの方が断然優っていたので、全く苦痛は感じなかった。知らない土地での旅ランは最高。走らずにいられるものか。
ということで、皆を起こさないように身支度を調え、こそこそと部屋と出た。前日からの雨はちょうど止んでいて、暑くなく、とても気持ちのいい朝だった。
20130715_fukushima run1

宿泊地の山水荘から出発。
20130715_fukushima run2

土湯温泉街を後に…。
20130715_fukushima run4

国道を麓まで駆け下りた。
20130715_fukushima run5

道中の風景が、東京ではあまり見られないような雄大さで、飽きずに、気持ち良く走れた。
20130715_fukushima run6

県営あずま球場。
20130715_fukushima run7

あずま総合運動公園。
ここには3km〜5km程度のランニングコースがあり、ちょっと走りたかったのだけれど、ここまで来るのに8km走っており、同じ距離を戻らなければいけないことを考えると、朝食の時間に間に合わなくなる可能性があるため、断念。
20130715_fukushima run9

麓まで駆け下りたので、後半は当然上り。
峠走は好きなのだけれど、いつもは「上り⇒下り」なのに対して、今回は「下り⇒上り」なので、ちょっときつかった。
20130715_fukushima run10

温泉街まで戻ったあと、少し観光スポットにも入り込んでみた。
20130715_fukushima run11

たきのつりばし。
20130715_fukushima run12

つりばしの上から見る滝。素晴らしい景色に惚れ惚れ。
20130715_fukushima run13

ゴール!
17.5kmの夜明けラン。とても気持ち良かった。ここは温泉宿なので、ゴール後は当然…。
20130715_fukushima run14

露天風呂を堪能。
ちょうど誰も入っていなかったので、ひとりでこの景色を満喫した。ランニングの後の温泉、いやはや最高すぎてたまらない。
20130715_fukushima run15

Garminが記録してくれた福島土湯温泉ランの行程。我ながらよく走ったものだと思う。
20130715_fukushima run16
高度記録。300メートル近くの高低差を駆け下り、駆け上るコースなので、いいトレーニングにもなった。
今度またここに来られたら、もう少し早起きして、運動公園のランニングコースも走ろうw
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ