餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

餃子探しの旅・大阪編(その3:超・絶品!「双龍居」のジャンボ餃子×2種)

スポンサーリンク

(承前)
大阪に行くのならば、この店だけは、絶対に外せない。
Meets Regionalの餃子愛特集を入手した瞬間から、僕はそう願っていた。


双龍居
名だたる関西圏モバイラーの方々が、挙って絶賛されている中華の名店だ。この店の餃子は、関西オフ開催時のツイートなどでいつも目にしているのだけれど、メチャメチャ美味しそうでたまらない。そして、事実、抜群に美味しいらしいのだ。
今すぐ関西遠征したくなった「Meets Regional」の餃子愛! - 言い捨ての小部屋

あれから1年半近く。
餃子遠征という形ではなく、修行の合間というスケジュールになってしまったが、それでも、双龍居に行くことは今回の大きな目的だった。
但馬修行では、朝と夕方の間に6時間程度の空き時間があるので、その間に空港から大阪へ。日曜でも開いていることはチェック済みだったので、ランチ時を狙って訪れた。
そして。
2013.5.19 双龍居1

あった!
この店を見つけた時の感動が、半月たった今でも鮮明に甦ってくる。あぁ、僕は遂に、念願の店を訪れることができたんだ!そう思った。
2013.5.19 双龍居2

店内の雰囲気もいい。
2013.5.19 双龍居3

壁にはズラリとメニューが並んでいた。
しかし、僕は、それにも、そして店の人が薦めるランチメニューにも興味を示さず、餃子とビールだけを注文することにした。
餃子は2種類。豚ミンチが入った普通の(?)ジャンボ餃子と、海老入りニラ玉子が入った餃子がある。もちろん両方食べるに決まっている。
この2種類が2個づつ味わえるお得なランチセットもあったが、2個で足りるはずはないので、僕はそれぞれ1人前(4個)づつを注文した。
2013.5.19 双龍居4

キターーーー!
長い間焦がれ続け、夢に見た、念願の双龍居の餃子だ。これまでの大阪餃子とは一線を画す大きさに注目。焼き加減も申し分ない。
2013.5.19 双龍居5

タレは最初から餃子に掛かっている。それもいい。なぜスプーンがついているのかはよくわからなかった。
ただ、スプーンがついていたおかげで、餃子を真ん中で綺麗に切ることができ、断面撮影できたのは収穫。もしかして、そのためについているのかも(違w
2013.5.19 双龍居6

普通のジャンボ餃子。皮は柔らかめだけれど、厚くて、もちもち感もある。カリカリした焼き目部分とのバランスが素晴らしい。
下味もしっかりついており、もちろんこれも美味しかった。が…。
2013.5.19 双龍居7
海老入りニラ玉餃子。これがさらに絶品!
中国の家庭料理では一般的なものらしいのだけれど、この具を出してくれる店はそう多くないので、感動だった。
そして、双龍居のニラ玉餃子は、これまで食べたどの店よりも飛び抜けて美味しかった。この店を訪れるためだけに、また関西に行く価値がある。そう思えるだけの餃子。
近いうちに、絶対にまた訪れるつもりだ。
(以下、続く)
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ