餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

夜明けランの幸せ(博多編)

スポンサーリンク

博多の夜明けは遅い。
時は5月6日。僕がランに出発したのは、5時少し前。東京であれば、すっかり明るくなっている時刻なのに、まだかなり暗かった。
やはり、東と西ではかなり日の出時刻が違うのだなぁということを肌で感じた。
5月4日は博多・天神近辺を周回10Km、翌5日は昔住んでいた家を目指して10Km。まだまだ走り足りない。そう感じていた僕は、博多最後の朝、6日は少し長めに走ろうと心に決めていた。
ということで、前夜の餃子でパワーを味方につけて、夜明けランを敢行。
2013.05.06 博多夜明けラン1

スタート地点は、博多駅筑紫口。
以下は、博多の写真とローカルの地名が説明もなくズラズラ出てくるだけなので、博多にゆかりのある人以外は、意味不明かもしれないw
2013.05.06 博多夜明けラン2

渡辺通り
歩道の広さ!に感動。ここは特に広いけれど、博多中心街の道は、全般的にとても歩道が広く、本当に走りやすい。ストリートランナーにとっては、最高の街だ。
2013.05.06 博多夜明けラン3

博多中心街、天神駅前。警察官が沢山いて、不良少年たちを補導しまくっていた。
2013.05.06 博多夜明けラン4

平和台陸上競技場
エリートレースである福岡国際マラソンのスタート地点。但し、このレースはスタート地点が2カ所あり、ここからスタートできるのはエリートの中でもさらに超一流級のエリートのみ。
2013.05.06 博多夜明けラン5

博多ランナーの聖地、大濠公園
実は、福岡に住んでいた時は行ったことがなく(2年間も住んでいたのに!)今回初めて入った。いやぁ、最高に素晴らしい場所で、あの時訪問しなかった自分のバカさ加減に呆れた。
2013.05.06 博多夜明けラン6

公園内で見た朝焼け。幻想的で美しかったなぁ。
2013.05.06 博多夜明けラン7

道は、「歩行者」「ジョギング」「自転車」と、3つにしっかりと分かれており、本当に気持ち良く走ることができる。
2013.05.06 博多夜明けラン8

公園1周は約2km。ランニングコースには、このような表示があり、100m毎に教えてくれる。
2013.05.06 博多夜明けラン9

2,000m表示。ゴール!
まだまだいつまでも何周でも走っていたい気分だったけれど、時間が限られていたので、僕は公園を出た。
2013.05.06 博多夜明けラン10

明治通り
福岡にもあるんだなぁ。同じ地名の通りがあるというのは別段珍しいことではないけれど、普段も東京の明治通りを走ることが多いので、何だかちょっと面白い気持ちだった。
2013.05.06 博多夜明けラン11

ヤフオク!ドーム。
僕がいた頃は、福岡ドームという名前だった。ヤフードームに変わったということは知っていたけれど、いつからこんなわけのわからない斬新な名前になったんだろう。
2013.05.06 博多夜明けラン12

海へ!
朝の博多湾。素晴らしい。中心部からこんな簡単に海岸に行けるなんて。本当に感動的だ。
2013.05.06 博多夜明けラン13

あんまり感動したので、パノラマ写真も撮ってみた。
こういった写真が簡単にとれるのも、Galaxy Cameraのいいところ。まぁ、iPhone 5でも撮れるんだけれど(^^;
大濠公園や海に感動していたら、ちょっと時間がなくなってしまったので、帰りはちょっとスピードアップ。
2013.05.06 博多夜明けラン14

博多在住だった頃、毎日のように通っていたキャナルシティの近くを抜けて…。
2013.05.06 博多夜明けラン15

博多駅博多口ゴール!
2013.05.06 博多夜明けランコース
Garminが記録してくれた道程。合計20.1km。いやはや、本当に楽しかったなぁ。
今回の福岡行は、修行メインで、ショッピングや観光などは殆どできなかった。なにしろ、博多どんたく開催中に訪れたのに、どんたくは、1分たりとも見ていない!のだ。
けれど、この夜明けランだけで、十分博多は堪能できた気がする。
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ