餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京マラソン2013の記録証が来た!

スポンサーリンク

昨晩、帰宅すると東京マラソンの記録証が届いていた。
20130224_東京マラソン1

何もかもが感動的だったあの日の記憶が甦る。あれから、もう1ヶ月近く経ってしまったんだなぁと思うと、実に感慨深い。
20130224_東京マラソン3

20130224_東京マラソン4

記録証を受け取るのは、昨年に続いて2回目。
昨年よりも18分タイムを上げて、順位も2,100以上アップ。現時点での僕の自己ベストだ。Webなどで公式記録は既に確認済みではあったけれど、こうやって記録証で見ると、あらためて感動が募る。
最高のコースと絶大な応援に恵まれたという理由は大きいけれど、それは昨年も同様。目標レースとして、ずっと調整・努力してきたので、やっぱりこの結果は嬉しい。
20130224_東京マラソン2

今年も東京新聞の特別版が同封されていた。
いやはやこの表紙写真の紙吹雪がたまらない。あぁ、この中を走り抜けたんだよなぁと思うと、今でも身体が痺れる。
全参加者の順位つき。僕の名前もちゃんと掲載されていて、ふたたび感動。
20130224_東京マラソン5

同封の案内には、「来年度のお申込みをお待ちしております」と書かれていた。
勿論申し込むけれど、「出場をお待ちしております」ではないところがミソ。いくら気合を入れて申し込んだところで、その先には、抽選の狭い門が控えている。それをクリアしないと、出場は望めないのだ。
あぁ、でもやっぱり出たい、何としても出たいなぁ。抽選に漏れたら、チャリティランナー枠での出場*1も踏まえて、何とか来年も記録証を受け取れるよう、頑張りたい。
東京マラソン2014まで、あと340日。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:参加費とは別途に、チャリティ10万円を支払えば、確実に出場できる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ