餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

書き続けて3,000日目の朝に考える「はてなダイアリー」との決別

スポンサーリンク

昨晩のエントリーで、はてなダイアリーへの投稿が3,000日になった。

3,000日と言えば、単純計算でも8年分以上の日数になる。
僕のエントリー日数になど、誰もこだわってはいないだろうし、単なる自己満足と言われればその通りなのだけれど、入院などの時期を除いては、どんなに忙しい時期であっても更新するようにしてきたので、その成果だと思うと、ひときわ感慨深い。
ただ、今後、この日数をどこまで伸ばせるか…と考えると僕は暗い気持ちになる。個人的な事情ではなく、「はてな」側の問題で。
今年の1月23日。
ブログの運営元である「はてな」は、ついにこの「はてなダイアリー」の切り捨てを実施した。

2012年12月にお知らせした通り、本日、はてなダイアリーの後継サービスである はてなブログ を、はてなの正式サービスにしました。
(中略)
はてなブログの正式化後も、はてなダイアリーは変わりなく運営してまいります。はてなダイアリーはてなブログともども、はてなのブログサービスをよろしくお願いいたします。
はてなブログを正式サービスにしました - はてなダイアリー日記:

既存のユーザーに配慮してか、「はてなダイアリーは変わりなく運営…」などと書かれているが、そんな文面は社交辞令に過ぎない。
それは、現状の「はてな」ポータルページを見れば明らかだ。


はてな:

どこを探しても、「はてなダイアリー」の文言はないorz
はてなココ」などよりも、よっぽどユーザー数が多いと思われるのに、この処遇はあんまりだ。「はてなダイアリー」そのもののポータルトップページにしても…。


はてなダイアリー - 写真・画像・動画付き日記を無料で

はてなダイアリー」のページの筈なのに、タイトル文言より上に、デカデカと「はてなブログ」への誘導バナーが設置されている。デザイン的に、見苦しさを感じるぐらいの大きさだ。
右中央部にある、オレンジの「ユーザー登録(無料)」というボタンも、実は「はてなブログ」への誘導。これは「はてなダイアリー」のページなのに!
はてなダイアリー」を新規に開設したい場合は、最上部に小さく書かれたテキストリンクの「無料ブログ開設」を押すしかない、という状況になっている。
まぁ、ただ、「新規」で開設する場合、「はてなダイアリー」の優位性は殆どなくなっているのだろうから、これはわからないでもない。
問題は、今後だ。
これらの現状から見えてくるのは、「はてな」運営側は、「はてなダイアリー」を終息させたいのだろう、ということ。ただ、既存ユーザーがそれなりにいるので、自然な形でのフェードアウトを狙っているような気がする。
こんな状況だから、今後の「はてなダイアリー」に関するサポートなどは全くあてにできない。もともと不安定なサービスで、サポート面でも問題があったのに、さらに放置されるような未来が自明となれば、安心して続けることはできない。
何しろ3,000日も続けてきた以上、未練はあるが、決別を本気で考えなければいけなくなってきた。それも早急に。
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ