餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

これぞキワモノ系!「MEDIAS W N-05E」にちょっとだけ惹かれる

スポンサーリンク

昨日はdocomoの春モデル発表会だった。
以前は、こういった発表会のたびにワクワクしたものだけれど、最近は全くときめかなくなってしまった。


新製品一覧 | 2013 SPRING COLLECTION | 製品 | NTTドコモ

Webサイトでの情報を一通り眺めてみたが、今回も、外見的に似たり寄ったり*1の端末が並んでいるだけで、全く食指が動かなかった。
BlackBerry Bold 9790発売!といったようなサプライズもなかったし、今回もスルーかなぁ…と思っていたのだけれど、ひとつだけ気になる端末を発見した。


MEDIAS W N-05E | 2013 SPRING COLLECTION | 製品 | NTTドコモ:

その名は、MEDIAS W N-05E。
いやはやこれはトンデモ端末だった。上記の画像だけを見ると、その凄さがあまりわからず、同じ端末が3台並んでいるように見えるかもしれない。しかし、違う。
なんとこれは、2画面(!)液晶の端末なのである。
これをどういった風に使うかという点については、GIGAZINEに詳しいレポートがあがっているので、是非ご参照いただきたい。

僕は、これを見ていたら、いてもたってもいられなくなってきた。
2画面ということで、DSっぽいと言えばDSっぽいと言えるのかもしれないが、根本的に違うのは、本体の「折り方」。DSの液晶は内側にあるから、谷折りで本体を閉じるが、このMEDIAS W N-05Eは外側。要は、本体表裏の2画面に液晶がある!のだ。ちょっと衝撃。
液晶が2倍になるため、広げた時は非常に大きな画面を使うことができるけれど、解像度はQHDに過ぎず、フルHDが並ぶ他端末よりも劣る。「タブレットのように使える」とはいっても、代替と考えるには無理があり、あくまで「使える」というだけのレベルにとどまっていると思う。
解像度だけではない、CPU、メモリ、カメラなど、さまざまな面で、今回のNEXTシリーズの中ではもっとも貧弱。おサイフや、ワンセグ、赤外線などは搭載されておらず、防水でもない。
これらも、他のNEXTシリーズでは、こぞって搭載されているだけに、その非力さが目立つ。いやはや究極の「何にもなし」端末なのである。
でも、それでもいい。僕はその潔さを買いたい。要は、2画面液晶という「一発芸」を実現するために、他のあらゆる面を切り捨てたということなのだろう。
こういったトンデモ端末は、最近あまり見かけなかっただけに、ネタ的には最高。すぐに市場から消えてしまいそうな気もするので(ヲィ)ちょっとだけ欲しい。
ただ…。ひとつだけ気になることがある。
外側両面が液晶ということは、閉じて使っていた時、落下で液晶を破損する可能性が2倍(!)になるということ。
いやはや何ともチャレンジングな端末だw
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:もちろん内面が違うことは重々承知しているが、あくまで外見上の話。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ