読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

紙面ビューアーが良い!からこそ、「その次」が待ち遠しい朝日新聞デジタル

Web
スポンサーリンク

昨日、1月10日から、朝日新聞デジタルで新サービスがスタートした。
その名も「紙面ビューアー」。


朝日新聞デジタル 総合ガイド | 「紙面ビューアー」いよいよ登場!

これは、朝日新聞の紙面をそのままPCの画面で体験できるというものだ。
しばらく前から、サービス開始日が告知されていたので、僕はずっとそれを楽しみにしており、早速昨晩試してみた。
朝日新聞デジタルの読者でなくても、体験版を利用することができるので、もしも気になる方は、こちらから体験していただければと思う。
僕は、定期購読者なので、体験版ではなく1月10日付の本紙を一通り眺めてみたが、想像以上に使いやすかった。実を言うと、家のデスクトップPCで読むぐらいならば、「紙」で読んだ方が手っ取り早いし、楽だと思っていたのだけれど、それは大きな誤解だった。
デスクトップPCでの操作はサクサクで…

紙面ビューアーの一覧を眺めながら、気になるページに簡単に飛ぶことができるし…

目当ての記事などがあれば、記事一覧から、こうやってすぐにクローズアップ表示することができる。
いやはやこれは快適でたまらない。
これまでは、「紙」の本紙があるので、家のPCでは殆ど朝日新聞の朝刊版を見ることはなかったのだけれど、ここまで快適ならば、逆に「もう紙はいらないかも…」と思い始めているぐらいだ。
ただ、ちょっと残念な点もある。この紙面ビューアーは、今のところ「PC専用」となっていることだ。ここまで快適だからこそ、「日本経済新聞 for iPad」のように、外出時はiPadで読みたくなる。
現状僕は、さまざまな端末で朝日新聞デジタルを楽しんでおり、Webスタイルの紙面構成も結構気に入っているのだけれど、ことiPadに限っては、やっぱり紙面ビューアー方式で見たい。
iPadアプリを使わずに、Safariを使ってWebで見るようにすれば、現状でもビューアーが堪能できるのでは?と考えて試してみたのだけれど…。

ダメだったorz

ということで…「近日」対応と予告されているこの対応が、1日も早く訪れることを願いたい。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ