餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ワクワク、ドキドキのGALAXY Camera(その5)週末皇居ランのお供に

スポンサーリンク

(承前)
この週末は、両日皇居を走った。土曜は朝、日曜は夜。
最近は、自宅を出発して皇居まで走り、皇居を周回してゴールする*1パターンがお気に入り。前半と後半でコースがガラッと変わって飽きずに走れるからだ。それでだいたい20kmは超える。
そんな時でも欠かせないのは、GALAXY Camera。走り慣れた皇居、見慣れた情景が楽しくなるガジェットだ。
例えば、皇居でよく見かけるこういった白鳥の情景。

今までは遠巻きに眺めるだけだった。
普通のスマートフォンならこの写真で終わり。デジタルズームで多少はアップにできるかもしれないが、画像は粗くなるし、距離もまだまだ遠い。
しかし、GALAXY Cameraなら…。

簡単綺麗に、ここまで寄れる。ちょっと感動。
GALAXY Cameraの素晴らしさは、朝ランだけに限らない。夜の皇居でも魅力的。

こういった写真も、「夜景」モードで簡単に撮れる。
ちょっと微妙な感じもするけれど、個人的にはこれでも十分。エキスパートモードなどで露出調整すれば、もっと綺麗に撮れる筈だ。
皇居ランの帰りに寄った「餃子の王将」でも、GALAXY Cameraの活躍は続いた。

「よく焼き」っぷりが、見事に再現されている。
朝でも夜でも室内でも。いつでもどこでも活躍してくれる僕の頼もしい相棒。やっぱり、GALAXY Cameraはとても素敵だ。
(以下、続く。)

*1:余力があれば更に自宅まで帰還^^;


マラソン・ジョギング ブログランキングへ