餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

祝・武豊復活!マイルCS勝利で、JRA・GI完全制覇にリーチ!!

スポンサーリンク

嬉しくてたまらない。

最近僕は、競馬を全くやらなくなってしまったので、結果を知ったのはTwitter経由だったし、レース映像も後追いで見た。
だから、リアルタイムの興奮は得られなかったのだけれど、それでも、このエントリーだけは書きたい理由がある。
何しろ、不遇な状況で苦しんでいた武豊が、本当に久しぶりに中央G1を制したのだ。これを祝わずにいられるものか。
優勝ジョッキーインタビューは、実に痺れた。

お久しぶりです(笑)。
約2年、GIで結果が出ず、なかなかこのようにインタビューを受けることはありませんでしたが、こういう場に立てて、誰よりも自分が一番喜んでいます。みなさんが応援してくれていたので、早く結果で応えたいと思っていました。勝ててよかったです。
馬の状態がすごくよかったですし、1番枠だったので今日のようなレースがしたいと思っていました。ある程度、内を狙おうというのも決めていました。しっかり走ってくれていたので、直線半ばで勝てるのではないかと思いました。いい馬に声をかけてもらい、何とか結果を出したいと思っていました。
これを機に、もっと精進して、もっと勝てるようにがんばります。
【マイルCS】(京都)〜サダムパテック 悲願のGI制覇達成 | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

YouTubeの映像はいつ消えてしまうかわからないので、文字起こし記事も残したけれど、これを読んでいるだけでも感動が甦る。
G1レースを勝てるのは、ごく一握りのジョッキーだけで、一生勝てない騎手も多いから、「お久しぶりです(笑)。」などというコメントは、下手したら嫌味になる。
しかし、他ならぬ武豊が言うと、全くそれを感じない。何しろ、2010年までは、23年連続でJRA・GI制覇を成し遂げていたジョッキーなのだ。
最近は、諸般の事情で乗り馬に恵まれず、非常に苦しんでいたけれど、愚痴などこぼすことなく、淡々と乗り続けていた。いつかチャンスが巡ってくることを信じて。だからこそ本当に、今回の勝利には意義がある。
勝ったレースがマイルチャンピオンシップというのもいい。
このレースは武豊にとって鬼門のレースで、全盛期でも負け続けていた。何しろ、バンブーメモリーファインモーションダンスインザムードという錚々たる面々でも勝てなかった。それを、今の状況で制してしまうというのが素晴らしい。やっぱり、この人は天性のスターなのだなぁ、と実感した。
インタビューは、締め括りまで素晴らしかった。あの武豊をして「これを機に、もっと精進して、もっと勝てるようにがんばります。」との台詞!
JRA最多の3,400勝を成し遂げていても、苦境に苦しんでいても、甘えることなく、まだまだ精進しようというこの意欲。実に頭が下がる。しかし、そんな武豊だからこそ、今回の勝利に繋がったのだ。
どんなに苦しくても、頑張り続けていれば、結果はちゃんとついてくる。そう思わせてくれる勝利だった。
鬼門だったマイルCS制覇で、武豊は前人未踏の「JRA-G1完全制覇」にリーチがかかった。残すは朝日杯フューチュリティSだけ。
今年の乗り馬はよくわからないけれど*1、この勢いで一気に決めてくれたら、本当に嬉しい。


Twitter Button from twitbuttons.com

*1:各種競馬系掲示板などをググって見たところによると、ティーハーフ…という馬だろうか?


マラソン・ジョギング ブログランキングへ