餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ルパン好き必見!の「ミステリマガジン」2012年7月号

スポンサーリンク

もっと早く紹介しようと思っていたのだけれど、すっかり遅れてしまった。


ミステリマガジン2012年7月号:ハヤカワ・オンライン

今月のミステリマガジンは、表紙のルパン三世*1で一目瞭然のルパン特集。
「LUPIN the Third -峰不二子という女-」の放映もあってか、ルパン三世ブームが再燃。「Pen」誌最新号でも、ミステリマガジンと期を同じくしてルパン三世特集を行っている。
同誌のTwitterアカウントによると、完売店続出とのことだから、ブームであることは間違いない。
最近のミステリマガジンは、すっかりメディア連動づいているので、その流れに乗って…とも思えるが、ミステリ専門誌らしいこだわりもあった。
そう、「ルパン三世」だけでなく、本家の「アルセーヌ・ルパン」にも踏み込んだ特集になっているのだ。
とりわけ、百年以上のあいだ未紹介だった、ルパンの“原形”となる作品「アルセーヌ・ルパンの逮捕」が掲載されている意義は大きい。流石はミステリマガジンといったところだ。
アルセーヌ・ルパンの生みの親であるモーリス・ルブラン氏のエッセイが3本。ルパン三世作者モンキー・パンチ氏のインタビュー。渡辺由美子日下三蔵森田崇、北原尚彦、瀬名秀明、住田忠久各氏のエッセイなど実に盛り沢山な内容。
ルパンのファンにとっては、まさに、永久保存版とも言える内容だろう。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:よりも峰不二子の方が目立ってるけど^^;


マラソン・ジョギング ブログランキングへ