読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「ミステリマガジン」2012年6月号を読んで思い出した歌

スポンサーリンク

SFマガジンの紹介よりさらに遅れてしまったが、こちらも発売日(先月25日)に購入。


ミステリマガジン2012年6月号:ハヤカワ・オンライン

今月は「SPY」特集だった。
スパイものと言えば、ミステリの中でも人気ジャンルのひとつだけに、この特集はある意味王道ともいえるが、まもなく公開の映画と絡めて、渡部篤郎を登場させたりするところが最近のミステリマガジン流。
ただ、「相棒」、「名探偵コナン」「探偵はBARにいる」、「刑事コロンボ」、「逆転裁判逆転検事」、そして「ミルキィホームズ」まで取り込んでしまったミステリマガジンだけに、今やこれぐらいのタイアップ企画では全く驚かなくなってしまった。
もちろん、誌面内容は単なるタイアップばかりでなく、麻生幾、デイヴィッド・マレル両氏の短編小説や、柳広司山崎まどか、小山正、渡辺麻紀各氏によるエッセイ、充実内容の資料と研究など、流石はミステリマガジンと言える内容になっている。
スパイ物は、僕の好きなジャンルでもあるので、この特集はしっかり堪能したい。

「SPY」と聞いて、僕がまず思い出したのはこの歌。
はっきり言って、今回のミステリマガジンの特集とは何の関係もないのだけれど、とにかくこの映像は必見必聴。まさかこの歌でオーケストラによる大合唱なんてなぁ。
YouTubeの動画なので、いつ消されてしまうかわからないけれど、見られる状態であれば、是非1回見ていただきたい。正直僕は、見ていて鳥肌が立った。
最近の「トンでる」ミステリマガジン誌なら、タイアップで槇原敬之にスパイ論を語ってもらうというのも面白かったかもしれないw
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ