読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「新しいiPad」という名の新しいiPad登場!で思ったこと

Mobile-iPad
スポンサーリンク

未明の揺れで目が覚めた。
起きてすぐTwitterのタイムラインを眺めてみると、いつもの未明よりもやたら賑わっている。皆、地震で起こされたのかと思ったら、そうではなかった。
この端末の発表で揺れていたのだ。


アップル ― 新しいiPad ― 外も中も、鮮やかに優れています。

「新しいiPad」という名の、iPad登場。
噂されていた「iPad 3」や「iPad HD」というネーミングではなく、ただ、「新しい」iPad。これはちょっと想定外だった。
「新しい」というのは単に冠詞であって、正式名称ではないだろうと思うのだけれど、こういった表記を見ると、ちょっと混乱してしまう。

iPod touchなどと同様に、端末名は固定して、「第×世代」的な位置づけで区別していくということなのかもしれないけれど、iPad の場合は、なまじ「iPad 2」があるだけに話がややこしい。
iPad 2」よりも次世代の端末であることを表現しなければならず、かつ、初代とも区別しなければいけないため、苦肉の策として、「新しい」iPadという呼称を採用したのだろうと邪推した。
ただなぁ…。と僕は思うのだ。こうなると、「次の」iPadは、いったいどう呼ばれるのだろう。「もっと新しいiPad」か?w
と。ネーミングのことばかり書いてしまったが、端末そのものは勿論魅力的だ。

  • Retina ディスプレイ搭載。解像度は2048x1536。なんとiPad 2の4倍!
  • 彩度40%向上
  • A5Xプロセッサ
  • 5メガピクセルのカメラ、動画撮影は1080p対応
  • 音声入力「SiRi(シリ)」搭載
  • 4G LTE対応*1

いやはや凄い。これだけの性能アップにも関わらず、iPadの肝とも言える持久力は健在。安心の10時間動作だ。
厚みや重量がiPad 2より若干増しているのは気になるけれど、これだけの性能アップならば納得。少なくとも初代ユーザー(僕のことだ^^;)ならば、断然の買いだと思う。
3月16日発売。日本でも同時発売というのが嬉しい。
去年のiPad 2の時は、3月3日の発表時に、日本では3月25日発売*2と予告されながら、東日本大震災の影響で、発売が遅れに遅れ、4月28日になってしまったことを思い出す。
あれから1年…。今回の「新しいiPad」は、無事に発売されることを願うばかりだ。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:3月8日朝現在、日本での対応有無は不明。

*2:2の時は、USのみ先行して3月11日発売だった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ