餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「M7級首都直下地震、4年内70%」予測に怯える

スポンサーリンク

あの東日本大震災以来、いつどこで何が起きてもおかしくないという心構えは持っている。
しかし…。

マグニチュード(M)7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた。東日本大震災によって首都圏で地震活動が活発になっている状況を踏まえて算出した。
首都直下を含む南関東地震の発生確率を「30年以内に70%程度」としている政府の地震調査研究推進本部の評価に比べ、切迫性の高い予測だ。
YOMIURI ONLINE(読売新聞)

こうやって具体的な数値を出されてしまうと、いきなり恐怖感が募る。
同種のゴシップ記事などは巷に溢れているけれど、「東京大学地震研究所の研究チーム」の発表となると、ちょっと見過ごせない。
東日本大震災のM9と比較してしまうと、一見規模が小さいようにも思えるけれど、直下型となれば話は違う。直下型でM7級となれば、あの阪神・淡路大震災と同じなのだ。
首都を、あれだけの規模の地震が襲ったら、首都機能が麻痺してしまうことは間違いなく、僕はそれを恐れる。いったい日本はどうなってしまうのだろう。
東日本大震災から10ヶ月が経過したけれど、まだ被災地は完全復旧していないし、「人災」である原発問題は何の解決もしておらず、現在進行形の恐怖が続いているのだ。そんな中で、首都機能が麻痺したら…。
そう考えると本当に怖い。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ