餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

iTunes Store Movieレンタル初体験の教訓

スポンサーリンク

今回のNY行は、殆ど事前準備ができないまま出発した。
いつもならば、旅程中の観光プランを練っておいたりするのだけれど、今回は、マラソン関係のイベント中心に過ごすことが決まっていた為、それほど準備がいらないと思っていたのだ。
確かにそれは事実だったのだけれど、フライト中の準備まで怠ったのは失敗だった。13時間のフライトはやはり長い。長すぎる。
僕には、そんな退屈を紛らしてくれる最強アイテムがあったのに、出発ギリギリまでその存在を忘れていた。
そう、iPadだ。
その素晴らしさについては、昨年のエントリーで書いたから繰り返さないけれど、その機能を十分に生かす為には、事前準備が重要だった。
好きな動画を詰め込んだり、ScanSnap経由でガイドブックを取り込んだり、できることは沢山あった筈だ。しかし、僕がiPadの存在に気がついたのは、出発当日の朝だった。夕方発の便とはいえ、成田までの移動時間を考えると、数時間しか時間がなかった。痛恨すぎて涙が出る。
しかし僕はここでハタと気がついた。機内用の映画を探すなら、iTunes Storeを探せばいいんじゃないか、と。
これまで使ったことはなかったけれど、確かレンタルシステムもあった筈だ。ならば、そこで好きな映画を幾つか探してiPadに入れて持ち込めばいい。そう思った。
我ながらいいアイデア*1だと思い、それならば手軽に済ませられそうだと安心したのだけれど、少し見通しが甘かった。
その理由は、映画のラインナップだった。一見膨大にあるように見えて、まだまだレンタルショップには及ばない。僕は、基本的にサスペンス系の洋画が好きで、できればこのジャンルで選びたかったのだけれど、想像以上にこのジャンルの本数が少なく、映画を選ぶのに非常に苦労してしまった。
加えて、ダウンロードに時間が掛かるというのが誤算だった。多分に自宅回線速度の(遅さの)影響が大きいと思うけれど、1本落としてiPadまで取り込むまでに1時間弱。まさかここまで掛かると思っていなかったので、結果、出発までに3本しかダウンロードできなかった。
さらに、そのうち1本は、iTunesでPCからiPadに移動中「原因不明のエラーにより移動できませんでした」のメッセージが出て、移動元からも移動先からも消滅してしまった。いったい何なんだ。あまりに理不尽なので、普通ならばアップルへ抗議メールでも送りつけたいところだ。
じっくり調べれば解決方法があったのかしれないが、時間がなかったので、これも勉強料(何の勉強だよ)だと思って諦めることにした。
教訓。何ごとにおいても、事前準備というのは重要で、直前にバタバタするのは良くない、これに尽きる(汗

借りた映画も良くなかった。
アン・ハサウェイは好きな女優だし、サスペンスものということで「パッセンジャーズ」という映画を借りたのだけれど、墜落シーン多数で、航空機の中で見るには向いてなかったからだ。(←事前に気づけよw
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:というほどのもんじゃないw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ