餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

もっとも宝塚記念馬っぽい気がするアーネストリーから勝負

スポンサーリンク

春のグランプリ。
本当ならば胸が高鳴るところなのだけれど、どうにも気分が盛りあがらない。個人的な問題として、最近は競馬への熱が冷めてしまっているからだ。もうすぐ富里スイカロードに出発しなければいけないし、昨日までの風邪で頭が朦朧として予想もままならなかったので、ここは直感勝負。
本命はアーネストリー
かつてのメジロライアンメイショウドトウ、最近でもアドマイヤムーンエイシンデピュティなどがいるように、このレースは「G2やG3では完勝でも、G1では少し足りなかった馬が、初G1を制覇する」ことが多い褒賞(?)レースだ。
去年の3着は、稍重馬場に泣いただけ。幸い天気は持ちそうだし、枠順は絶好。先行できる脚は魅力な上に、人気もそれほどないなら、大胆に勝負できる。佐藤哲よ、4角先頭で押し切れ!
アーネストリーの単。
対抗はルーラーシップ。この馬も、宝塚記念馬の条件を満たす。前走、出遅れながら捲って楽勝した脚は素晴らしく、良血が完全開花した印象もある。ただ、あまりに圧巻すぎるのが逆に気になる。G1であの手は通用しないと思うからだ。馬群を気にする馬なので、2枠3番という枠順も少し引っかかる。大好きな横山典弘鞍上だけに、勝って欲しいし、ノリならばうまく先行しそうな気もするが、ここは対抗にとどめた。
まとめて交わせば、やはりブエナビスタ
前走、牝馬3冠のアパパネに負けたのは仕方ないとしても、3着のレディアルバローザとはクビ差。アパパネにしても、牡馬相手の安田記念では6着に敗れていることから、力が落ちているような印象は否めない。少なくとも、昨秋の勢いがないことは事実だ。
しかし、国内では堅実無比の戦績を残してきた馬が、ここでいきなり惨敗するとは思えない。意地の逆襲だって十分あり得ると思う。
馬券は◎○、そして◎▲から3連単2頭軸で勝負。
アーネストリー
ルーラーシップ
ブエナビスタ
ナムラクレセントエイシンフラッシュローズキングダムトゥザグローリー
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ