餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

世界に輝く日本馬の栄光。ヴィクトワールピサ、ドバイWCを制覇!

スポンサーリンク

何かと重たいニュースが続く毎日だから、こういった出来事は嬉しい。
世界最高峰の賞金で知られる「あの」ドバイワールドカップを日本馬のヴィクトワールピサが制したのだ。ホクトベガの悲劇から14年。偉大なるダート王だった彼女に捧げる勝利であるとともに、競馬ファンの大きな夢が、ひとつ叶った。
鞍上はミルコ・デムーロ。外国人騎手ではあるけれど、日本競馬との繋がりも深く、ヴィクトワールピサの父であるネオユニヴァースにも騎乗して、ダービーを制している世界の名手だ。
今回のピサの勝利は、この名手の腕によるところも大きいだろう。後方からのスタートになったが、向こう正面でペースが落ち着いているとみるや、2番手に進出。このあたりの展開読みは本当に素晴らしい。
デムーロは、レース後、東日本大震災に苦しむ日本を思いやり、「日本のために朝から祈ってました。ありがとう」というコメントを残している。何とも泣かせるじゃないか。
そして2着はトランセンド。これも凄い。男藤田の玉砕逃げは、ドバイの地でも光っていた。
注目のブエナビスタは、後方からの競馬で、直線届かず8着に大敗。残念だけれど、オールウェザーの馬場が合わなかっただけではないかと思う。日本での巻き返しに期待したい。

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ