読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

共同通信杯

スポンサーリンク

クラシックに繋がる重要なレース。
レーヴディソールという絶対の核がいる牝馬戦線と違って、牡馬はまだまだ混戦傾向。どの馬にもチャンスがあるとみた。今日はちょっと、予想する時間も資金もないため、簡単に。
本命は、オンリーザブレイヴ。
未勝利戦を勝ったばかりで、家賃が高すぎるのは承知。格が物を言うレースなのに、無謀にもほどがある。ただ、僕はこの馬の可能性を信じてみたい。デビュー以来の戦績が、「惜しいレースが続いていて、やっと前走で勝ち上がった」と言うのであれば、ちょっと厳しいと思うのだけれど、「惨敗続きだったのに、休養開けで一変」というところに、未知の魅力があると思う。
これは、アグネスタキオン産駒によくある傾向だ。そして、タキオン産駒は、いったん勝ち上がると、格の違いをものともせずに連勝するのも大きな特徴。同じSS系種牡馬であるディープ産駒も、その傾向を受け継いでいるとは言えまいか。500万下ならともかく重賞では…という家賃の高さは名手の腕(クラストゥス)でカバー。好枠を生かして、3着までの粘り込みを期待。
本命が超人気薄なので、相手は少し手広く攻める。
昨年末以降、ディープインパクトの血が急激に覚醒してきていると思うので、対抗はもちろんダノンバラード。以下、東京で巻き返すディープサウンド、超良血のサトノオー。レベルの高いホープフルS組のナカヤマナイト、ペルシャザール、不利を受けたラジオNIKKEI杯以外は堅実なユニバーサルバンクまで。
馬券は3連複1頭軸流し。
◎オンリーザブレイヴ
○ダノンバラード
▲ディープサウンド
★サトノオー
△ナカヤマナイト、ペルシャザール、ユニバーサルバンク


マラソン・ジョギング ブログランキングへ