餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

京成杯

スポンサーリンク

春クラシックに繋がる、重要なレースだ。
皐月賞と同距離同コースで行われるだけに、最近の勝ち馬は、挙って皐月賞でも活躍しているが、昨年のエイシンフラッシュに至っては、皐月賞3着のあと、ダービー馬にまで上り詰めてしまった。
ということで、今年も当然目が離せない。出てくれば一番人気確実だったショウナンパルフェの回避で、何とも層が薄いメンバーになってしまったが、素質馬は揃っている。今年もクラシックに繋がるレースを期待したい。
本命はスマートロビン。
前走は、展開に恵まれたという声もあるようだけれど、直線で突き放した脚に素質の開花を感じた。トビが大きい馬だけに、中山が向いているとは思えないし、馬込みに包まれた時も不安だ。ただ、僕はその素質を信じたい。じわじわ成長する感のあるディープインパクト産駒の底力にも期待。
スマートロビンの単。
相手筆頭は、堅実な末脚&中山2戦目でフェイトフルフォー。以下、よくわからないけれど、未勝利戦でスマートロビンを苦しめたジャービズ、鞍上不安も先行力が魅力のプレイ、3着候補としてはインナージョイ、コウヨウレジェンド、ヌーベルバーグ、デボネアあたりまで拾ってみる。
馬券は◎○2頭軸マルチ3連単で。
◎スマートロビン
○フェイトフルフォー
▲ジャービズ
△プレイ、インナージョイ、コウヨウレジェンド、ヌーベルバーグ、デボネア
日経新春杯は、人気の盲点になっている感のあるゲシュタルトから。京都外回りで56kgなら、他の4歳勢に決してひけをとらない筈。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ