餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ジブン手帳、帯同4週間目の感想

スポンサーリンク

ひとことで言えば、「買って良かった」。これに尽きる。
去年までの手帳は、とても気に入っていたのだけれど、基本的にはビジネス専用だった。土日の欄は狭く、平日も7-23時までの表示。ビジネス用途で使う分には全く問題ないし、だからこそ2年間も使っていた。ただ、今年はオフでも気楽に使える手帳を、ということでこの手帳を選んだ。

そして、これがまさに大当たりだった。
24時間対応はやっぱり便利。しかも土日祝は色分けされているので、なんとなく気分が良い。だから、オンオフ問わず、常に帯同させている。喫茶店や電車の中で、ちょっとしたメモ書きをしたり、スケジュールを見返したりするばかりでなく、ただ眺めているだけでも楽しい。
装丁もシンプルで癖がないので、どんなシチュエーションで使っても違和感がない。これもいい。白い表紙*1にビニールカバーと言うことで、購入当初は、ちょっと安っぽいなぁと思う部分もあったのだけれど、前面ポケットにペンやポストイットなどを入れることで、使い勝手も雰囲気もグレードアップ。とても便利になった。
最初、前面ポケットに入れるペンは少し悩んだ。僕は、それまで、ジェットストリームの多機能ペンを使っていた。しかし、このシリーズの多機能ペンをポケットに収めようとすると、ポケットが嵩張りすぎてスマートではない。そうかといって、単色のペンでは手帳利用時の使い勝手が今一つだし…と思っていたところ、素晴らしい多機能ペンを発見した。
多機能ペン MULTI Slim4
文具店でこのペンを見つけたは、「これだ!」と唸ってしまった。他の多機能ペンを圧倒的に凌ぐ、圧倒的なスリムさ。この細さで、3色ペンとシャープペンシルが内包されているなんて、信じられないほどだ。
カラフルなジブン手帳と快適に過ごすには、やはり、スケジュールなども色分けしたくなる。その点で、このペンはベストパートナーと言って良い。書き味はジェットストリームに及ばないが、許容範囲だし、何より、ジブン手帳との一体感が素晴らしい。
…ということで、4週間、実に満足して使っているのだけれど、少しだけ困ったこともある。実を言うと、付属品として付いていたゴムバンド付き定規がなくなってしまったのだ。どこでなくしてしまったのか、全く記憶にない。家じゅう探しても見つからなかった。常に帯同させているので、どこかの場所で、後ろのポケットから抜け落ちてしまったのだろうか。
また、前面ポケット左部が、大きく切れてしまったのもショックだ。当初、ポケットに無理矢理色々詰め込みすぎたのかもしれない。現状、セロテープで補強して使っているけれど、ちょっと残念。また、4週間常に持ち歩いていたこともあり、ビニールカバーの表面も僅かながら汚れてきてしまった。
個人的な要望としては、ゴムバンドつき定規や、表紙のビニールカバーなどを、オプション販売してもらえないものだろうかと思う。来年版以降は、3分冊手帳のうち、一生手帳やアイデア手帳のないバージョンも発売されるようなので、それに合わせて発売してくれることを願いたい*2
表紙については、ビニールカバーの代替に限らず、革製や合皮製のものだと、バリエーションがあってもいいんじゃないかなぁ、と勝手なことを思ったりもしているのだけれど。

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:ジブン手帳2011の公式Webサイトにて、着せ替えカバー8色をダウンロードすることが可能。僕は白のまま使っているが、色を変えると結構雰囲気が変わるのではないかと思う。

*2:本当は、今すぐにでも欲しい^^;


マラソン・ジョギング ブログランキングへ