餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

やっぱり素敵でとっても便利な「カメラフォン」N82JP

スポンサーリンク

僕のメイン機であるBlackBerry9700は、そつのない端末だから、単体でも一通りのことはできる。
しかしやっぱり得手不得手はあって、全てがパーフェクトというわけではない。抜群のキーボードと操作性で、メールやメッセンジャーを中心とした発信系のコミュニティでは無敵といえるが、ブラウジング系は苦手だ。
ただ、この点については、相互補完のツートップ関係であるiPhone 4が担ってくれているので、それほど困っていない。
カメラについても、9700はそこそこ使える。Bold「初代」の9000と比べて、大きく進化したのがカメラの性能だった。ちょっとしたスナップをとるのに不満はないし、Twitterクライアントとの連携も良いので、ツイートへの添付写真としては十分だ。
ただ、時々、しっかり残しておきたい写真を撮りたいこともある。iPhone 4には高性能なカメラが付属しているようなのだけれど、どうにも操作性が好きではなく、僕はあまり使いこなせずにいる。だから、デジカメを持ち歩いたりもしていたのだけれど、常時携帯するのはやはり億劫だし、スマートフォンと連動できないのもマイナスだった。
ということで必然的に、カメラ機能が秀抜なスマートフォン、N82 JPの復活となった。
その存在を忘れていたわけではないのだけれど、最近なぜか「契約切れSIM」では起動しなくなってしまったため、ちょっと放置していたのだ。一手間かければSIMなし運用も可能な筈だが、例によって僕はズボラだから、そのまま眠らせたままになっていた。実に勿体ない。
ふと思いついて、940SCに入っていたプリペイドSIMをN82に差すと、あっさり認識。940SCはワンセグ専用機になっていて、そのワンセグも殆ど見なくなっていたので、とりあえず、プリペイドSIMはN82JPで使うことにした。
N82 JPを使い始めて、やっぱり僕はその便利さを実感している。このカメラは、本当に素晴らしく、便利だ。そして、Bluetoothで9700と連動できるのもいい。N82JPでとった綺麗な写真を、メールやTwitterですぐ発信することができる。この幸せはたまらない。
折角のスマートフォンを、カメラ用途だけに使うのはちょっと勿体ない気もするけれど、BB連動など、専用機では果たせない実力も持っている。その筐体はとてもコンパクトだから、どんなポケットにでも入るし、バッグの片隅などにもすっぽりと収まる。素晴らしい。
この端末を入手できて良かった。今、あらためてそれを実感している。

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ