読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

アイコンのドット兵士たちによるガチバトル「DotWar」

Twitter
スポンサーリンク

そのアイデアに脱帽。
まさか、Twitterのアイコンをドット単位で分割し、それで戦争させようなんて。いろんなことを考える人がいるものだ。


DotWar


ゲームとしてのルールは簡単。Twitterアイコンを構成するドット兵士がバトルを行い、互いの陣地にある3つのクリスタルを先に破壊した方が勝者となる。それだけ。
しかし、その作り込みがハンパじゃない。何しろ、ドットの色によって、兵士の種別が違うのだ。これにはちょっと驚いた。

8種類のドット兵士たちは、その色によって、得手不得手がある。だから、自分のアイコンを構成する色のバランスや、相手のアイコン兵士たちのバランスによって、戦局は大いに変わっていくのだ。これが実に面白い。

試しに、ガチャピンと戦ってみたw

ガチャピンは、見ての通り体色が緑なので、当然アイコンのドットたちも緑が中心になる。「緑」は「射撃兵」だ。離れた位置にいる相手を攻撃するのには有利だが、接近戦には弱い。
ということで、僕のアイコン兵士たちによるスピード攻撃が功を奏し…。

よっしゃー!ガチャピンに勝利♪
この戦争には何の意味もないけれど、日本最大フォロワー数を誇るアイコンに勝つというのは何だか気分がいい。

調子に乗って、shuzo_matsuokaと戦ってみた。

あえなく惨敗orz
流石は松岡修造(botだけど)。スピードと攻撃力が抜群で、僕のアイコンはひとたまりもなかった。
僕はまだ、デフォルトのアイコンで、有名人(?)と対決したに過ぎないけれど、自分のフォロワーである友人たちとバトル大会したりするのも面白そうだ。
アイコンの色変更(Twitterには反映されない)や、マウスでの兵士操作も可能なので、奥が深く、末永く楽しめるゲーム。戦争好きの後輩*1にやらせたら、きっと最強アイコン作成に燃えるだろうなぁと思ってしまう。
オススメ。

*1:ミリタリーアイテムの保有量がハンパじゃない熱血マンw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ