餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

勢いで買った純正グッズたち(その2 「縦固定据え置き」用途で良いならオススメのiPad Dock)

スポンサーリンク

ということで、iPad Dockだ。

現状、僕は純正ケースを利用しているため、このドックは使えない*1のだけれど、折角買ったのでご紹介ぐらいはしておきたい。
色々とケチはつけてしまっているが、ドック単体としては悪いモノではないのだ。

ドック前面。

背面。
画像を見ていただいてわかる通り、デザインは素敵だ。質感もいい。流石はアップルだなと思う。
その用途については、僕がクドクド書くよりも、アップルストアでの紹介文を読んでいただく方がわかりやすいだろう。

iPad Dockを使って、iPadの充電やシンクを行えます。iPadをDockに美しく装着できるので、デスクトップやカウンタートップに置いても映えます。スピーカーにつなげる便利なオーディオライン出力ポートを搭載し、iPad Dock Connector-VGAケーブル、iPad Camera Connection Kitなど、ほかのiPadアクセサリもサポートしています。充電しながら、写真立てとしても使えます。
Apple iPad Dock - Apple Store (Japan)

何だかとっても便利そうだ。いや、便利なのだと思う。縦固定据え置き、かつ、ケース不要でよければw
しっかり固定されるということで、ビューワーとしては使い勝手が良さそうに思うけれど、実はそうでもない。
なぜなら…

こんな感じになってしまうからだ。
縦表示では、折角のiPad大画面がフルで活かせない。上記画像のように、上下の空いた表示になってしまうからである。これではちょっともったいない。

この画像と比べれば、迫力の違いは一目瞭然。ビューワーとしてiPadを使うなら、横固定でこそ、その真価が発揮できると思う。
アップルの紹介文にあるように、iPadを美しく装着できるのは認める。デスクトップやカウンタートップにおいたらきっと映えるだろう。ただそれは、あくまで「縦固定据え置き」での使い方が前提だ。
だからこれはかなり使う人を選ぶグッズなのだと思う。少なくとも僕には合わなかった。ということで、僕のiPad Dockは、購入直後からお蔵入りになってしまった。残念。

*1:その理由はこちらw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ