読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

勢いで買った純正グッズたち(その1 購入前にしっかり考えるべきだったこと)

スポンサーリンク

そう言えば、先月の28日にこれが届いていた。

iPad本体と同時に、アップルストアで予約が始まった時、勢いでポチってしまったものだ。本当に欲しかったのは、Camera Connection Kitだけだったのだけれど、「どうせ買うなら」ということで、他の純正機器も一緒に購入することにした。
それぞれのインプレッションはあらためて行うつもりだけれど、これから購入を検討される方にひとつだけ言っておきたいことがある。僕の過ちを繰り返して欲しくないためだ。
純正ケースと純正ドックは両立しない!
これだけは声を大にして言いたい。絶対に一緒に買ってはいけないと。
ひとたびiPadに純正ケースを装着してしまうと、純正ドックにはささらない。ドックを使う時はケースを外すという手もあるのかもしれないが、ケースは頻繁に着脱することを想定されていない構造だから、非常に厄介だ。「面倒くさいことが大好き」というような、希有な人でもない限り、併用はあり得ないだろう。
現状、アップルストア販売ページのレビューでは、ケースとドックを併用できない点が言及されている。だから、同時購入の失敗はかなり防止できると思う。
けれど、僕が予約が開始された日には、そのような情報はなかった。まさか純正品同士が排他設定になっているなんてことは夢にも思わなかったから、手なりで予約してしまったのだ。
ただ、これでアップルに文句を言うのはお門違いなのかも知れない。購入する前にもっとしっかり考えるべきだった。勢いだけで買うのは危険だった。それはわかっているのだけれど、やっぱりちょっと悔しい。
Keyboard Dockではなく、通常のDockだった分、出費の痛手は軽く済んだものの、それでも、かなり後悔している。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ