餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「黒と苺のBlackBerry ユーザーミーティング」参加!

スポンサーリンク

一晩経った今でも、感動に酔いしれている。

昨日は本当に素晴らしい1日だった。出席させていただいて、本当に良かった。その内容は深すぎて、僕の力では簡単に纏めきれるものではないけれど、写真レポを中心に、その雰囲気を伝えさせていただきたい。

会場風景。
最前列はスタッフ席なので、準備でたまたま外しておられるところを撮影。僕の後ろはぎっちり埋まっていた。参加者は50人ぐらい。

席に着いたとたんに驚いた。何という豪華なお土産セットだろう。感動のひとこと。

ご提供いただいた3社様。感謝の思いが尽きない。がうがう!さん、Pocketgamesさんの方とは、懇親会でもお話をさせていただくことができ、非常に楽しかった。

タイムテーブル。
3時間ぐらいあるので、少し長いかとも思ったのだけれど、全くそんなことはなく、あっという間に過ぎた。夢のような3時間だった。

Ichigoさんによるセッション。BlackBerryへの愛に溢れた、Ichigoさんらしい、温かいトークが印象的だった。BlackBerry9700と過ごす24時間の話、UberTwitterの話、ショートカットの話。どれもこれも良かった。
個人的には、9000と9700の違いを「パンの耳の違い」*1で表されたのが印象的だった。

@gagdet(Gadget間違い?)さんによるセッション。
本格的なお話で、目から鱗のようなことも多数。僕には難しい部分も多かったのだけれど、スライドの写真を沢山撮ったので、今後じっくり勉強させていただこうと思う。

スペシャルセッション。
山根博士のお話が聞けるとは思っていなかったので、大変驚き、そして本当に嬉しかった。海外での事情を聞かせていただくと、あらためて、BlackBerryというのは、本当にグローバルな、素晴らしい端末なのだなぁということを実感する。
日本でも、もっと自由に、他の国と同じようにBlackBerryが使えるようになることを願うばかり。

Kuroさんによる、参加型セッション。BlackBerryに望む改善点などを、Kuroさんのご指名により答えていく企画。いつ回ってくるかわからないので、ちょっとドキドキだった。
その後、スペシャルセッションがもう1つあり、じゃんけん大会へ。僕は、初戦で敗退したものの、2回戦では商品をゲットすることができた。それもこれも、多数の景品をご用意くださったPocketgamesさん、がうがう!さんのおかげ。あらためて感謝したい。
セッション終了後は、懇親会が開催された。こちらにも30人ぐらいは集まっていたと思う。美味しいお酒と料理、そしてBlackBerryを初めとしたモバイル談義。とても楽しい夜だった。

懇親会終了後の記念写真。BlackBerry端末の大集合だ。
これまで、さまざまなオフ会に出席させていただいたけれど、BB端末ばかりがこれだけ揃う会というのは初めてで、まさに圧巻だった。Qwerty端末ではないものも含まれているけれど、それももちろんBlackBerry*2だ。

*1:耳があるパンが9000、それを削ぎ落としたのが9700。だから、見かけほどキータッチは変わらない。

*2:BlackBerry Storm


マラソン・ジョギング ブログランキングへ