餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

NHKマイルカップ

スポンサーリンク

春の3歳マイル王決定戦。
…の筈が、最近は日本ダービーへの前哨戦的な位置づけになってしまっている感もある。タニノギムレット、キングカメハメハ、ディープスカイ。この10年間だけ見ても、このレースをステップにダービーを制した馬が3頭もおり、うち2頭は2冠馬だ。今年は、上位人気馬3頭が全て次のダービーを視野に入れているのだから驚いた。
今年のダービーは、多方面から実に豪華なメンバーが集う。皐月賞組からは、王者のフェラーリピサに加えて、ヒルノダムール、ローズキングダム。青葉賞圧勝のペルーサ、プリンシパルS完勝のルーラーシップ。京都新聞杯を勝ったゲシュタルトだって侮れない。今でも役者は十分に揃っている。
それに加えて、さらにマイル王の参戦となるのだろうか。NHKマイルCの予想をしているのに、その先のダービーまで思い描いてしまうというのは、どうにも不思議な気分だ。
本命はダノンシャンティ。
このレースに強い毎日杯組で、昨年秋デビューながら、余裕をもったローテーションなのもいいこれまでスローペースの競馬しかしておらず、速いペースになった時の不安は残るものの、アンカツならばそれも踏まえた騎乗をする筈で、勝ちきれないにしても、馬券圏内としてもっとも信頼できそうな気がする。
逆転候補は2頭。
実力的には一番だと思えるのはサンライズプリンス。鞍上は、今や無敵状態になりつつある横山典だし、昇級戦に強いアグネスタキオン産駒。もともとタキオン産駒の強いG1なので、ニュージーランドT組不振の過去データも気にしなくていいと思う。
ただ、この馬の場合は、どうにも出遅れ癖が引っかかる。2枠4番という好枠も、後手を踏んだ場合は、馬群が壁になって、むしろアダとなってしまう。速い上がりを持っている馬ではないため、前半で好位置まで持っていけないと、このレースでは苦しい筈だ。
なんと言っても典だけに、そこはうまくこなしてしまう可能性はあるが、ここは1枚評価を落とした。
リルダヴァルも侮れない。骨折開けの馬にとって、毎日杯-皐月賞-NHKマイルCというのは、かなり厳しいローテーションだけれど、このレースまでは頑張れる筈。2歳時の野路菊Sでは、コスモファントムやエイシンアポロンを子供扱いした逸材。素質は文句なしだ。マイルもむしろ合うと思う。
以下、堅実ダイワバーバリアン、マイルでの巻き返しがあり得るエイシンアポロン。そしてコスモセンサーの逃げ残り。「牝馬」「ウチパク」というこのレース好走の2要素を持っているサウンドバリアーまで抑えたい。馬券は◎○2頭軸&◎▲2頭軸3連単マルチで印全馬へ。
◎ダノンシャンティ
○サンライズプリンス
▲リルダヴァル
△ダイワバーバリアン、エイシンアポロン、コスモセンサー、サウンドバリアー


マラソン・ジョギング ブログランキングへ