餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Bフレッツ不調時の傾向と対策(手遅れ編w)

スポンサーリンク

昨日は、一口馬主で有しているマイネルエデン号の勝利に酔いしれた1日だったのだけれど、実は、Bフレッツの不調に悩まされ続けた1日でもあった。
Bフレッツの不調については、今に始まったことではなく、過去に、こういった形で何度も発生している。ただ、最近は安定していたので、すっかりそのことを忘れていた。しかし、その不調は、僕にとって最悪なタイミングでやってきたのだ。
マイネルエデンが出走するレースの20分前。僕は母艦のデスクトップPCと格闘していた。資金は、即PAT口座に入金済だったし、買う馬券も決めていたので、あとは母艦PCからIPATにログインして、投票を行うだけ。ものの数分もかからない。あっという間に終わる…筈だった。
しかし、終わらなかった。IPATに繋がらないのだ。一瞬、IPAT側の不調かとも思ったのだけれど、もちろん、そんなことではなかった。Web画面も全く表示されなくなってしまったので、完璧にBフレッツ側の問題だ。
診断ツールなどを使いながら、何度か試行錯誤を繰り返しているうちに、Web画面が表示されたので、「今だ!」と思って、IPATへの接続を試みる…と、投票処理の途中で、再び、エラー画面に…。
そんなことを繰り返している間に、締め切り時間になってしまった。
結果は、昨日の快哉エントリーでご報告の通り、マイネルエデンの完勝だった。単勝馬券はもちろん、中穴となった馬単や3連複馬券も買い目に入っていたので、悔しいことこの上ない。見事に勝利をしてくれたことで、ある程度溜飲は下がったけれど、できれば、馬券でもその喜びを享受したかった。
今から思えば、頭の切り替えが遅すぎた。Bフレッツが不調になった時、ダメな回線と格闘したのが何より間違いだ。その時僕は、ThinkpadとともにD01NXを有していたのだから、すぐにイーモバ回線の活用を考えるべきだった。
僕がようやくそれに気がついたのは、エデン勝利の後。快哉エントリーをあげようと、再び母艦に向かって、不調回線と戦っている瞬間だった。
なんのことはない。D01NXに入っていた黒SIMを抜いて、D01HWに入れ替え、母艦PCと繋ぎ直すだけ。ものの数分もかからない。今まで何度も実行していたことであるにもかかわらず、どうしてそのことに気がつかなかったのだろう。自分の馬鹿さ加減に嫌気がさす。D01HWでなくても良い。EMONSTERに入れて母艦と繋いでも対応はできた筈だ。何たる失態。
D01NX、D01HW、EMONSTER。さまざまなスタイルの端末へ、SIMを自由に入れ替えて使うことができ、かつ、上限があって定額の料金と、それなりに使えるスピードの回線。自由度と気楽さにおいては、イー・モバイル回線は素晴らしい。サポート面など、いくつか不満点はあるけれど、自分の利用目的に合致すれば、こんな便利なキャリアはない。
今回のケースなど、そのメリットを享受できる、絶好の機会だった筈なのになぁ…。
マイネルエデンの勝利に酔いしれた1時間後、D01HW接続によりすっかり安定した母艦で、僕は七夕賞のIPAT投票を行った。エデンにつぎ込めなかった資金も含めて、全力で、勝負した。
その結果は…ここに書きたくないということだけを言っておきたいorz
Bフレッツ許すまじ(←八つ当たりw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ