読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

PoGoも使えるX02HT。ただ、アレはやはり…

スポンサーリンク


時々愛おしくなるX02HT。
メイン機の座からは退いているけれど、時限爆弾防止用のプリモバイルSIMが入っているので、いつでも使うことが可能だ。そのX02HTで、PoGoは使えるかとの質問をいただき、そう言えばまだ試したことがなかったなぁと思ったので、早速実験してみることにした。
PoGoは、スマホに限らず、Bluetooth搭載の携帯でも簡単に接続できる。だから、そんなに心配はしていなかったのだけれど、やはり全く問題なかった。

X02HTのBluetoothでデバイスを検索すると、あっけなくPoGoを認識。

パスコードを入れると、簡単に接続が完了した。
テスト用として何を撮ろうかと思っていると、目についたのがこれ

他になかったのかよと云われそうだけれど、最近は、これなしでは眠れないほど気に入っているグッズなので、迷いはなかった。(歳のせいか、どうにも僕は肩が凝るので…)

撮影後、メニューから「画像のビーム」を選択し…

PoGoを選べば転送開始。待つこと数十秒。Polaroid PoGoからは、無事に、「めぐりズム 蒸気の温熱シート」のスナップ写真が出てきた。

比較写真。画質は、やはりそれほどいいとは云えない。ただ、これはX02HTでの撮影に限ったことではないし、PoGoは、風景写真の方が向いている筈なので、スナップ用に割り切れば、それなりに使えると思う。
PoGo検証用で、しばらくX02HTを触っていると、またメイン機として使いたくなってきた。最近、僕はTreoProべったりになっているけれど、X02HTの、薄くて独特のフォルムもなかなかいい。色々とカスタマイズしてお気に入りの仕様になっているし、片手打ちの快適さでは、TreoProを凌ぐと思っているので、メモ用などとしても使いやすい端末だ。
ただ、どうしても、今はメインで使えない理由がある。

このエラーが解消できないからだ。
MBW-150とX02HTとのペアリングも、PoGoと同様Bluetoothなのだけれど、こちらは、smartWatchMというソフトウェアに依存していて、これがどうやら、WMのStandard版には対応していないようなのだ。現状僕は、MBW-150なしの生活は考えられないので、断念…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ