餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

腕時計は順調なれど…

スポンサーリンク

MBW-150 Music Editionを使い始めて1ヶ月。既に僕はもうすっかりこの時計の虜である。それまで10年以上、腕時計なしの生活をしていたというのが嘘のようだ。今、僕はこのMBW-150なしでは生活できないぐらい、すっかり気に入っている。
最初は少し派手だと思った色遣いも、今ではすっかり慣れてしまって、ベタ惚れの域。もともとオレンジ色が好きということもあって、暇さえあれば眺めている始末だ。
バッテリ回りは、不具合報告も出ているようなのだけれど、僕の場合はなぜか至って順調。前回の充電から1週間ぐらい経つけれど、未だにバッテリはフル表示を示している。超便利な「アラーム連動機能」*1を中心に、1日10件程度の活用にすぎないとはいえ、それでもこれだけ持ってくれれば大満足だ。
ただ、時計の順調さとはうらはらに、悩ましい事態が発生している。
ペアリングの本体側、X01NKの方だ。SIC! BT Watch*2でMBW-150との連動をはじめて以来、日増しに不安定になってきているのである。
以前のエントリーで詳しく書いたように、僕はこのX01NKをかなり気に入っていて、今やメイン機にまで昇格していたため、不安定なのはどうにも心許ない。
特に、複数のアプリを立ち上げるといきなり不安定になるのには参った。それどころか、最近では、SIC! BT Watchのみ起動の状態でも、メール閲覧さえ不能になるケースが出てきた。
「メモリがいっぱいです。アプリケーションをいくつか終了してやり直してください。」との表示が出てしまうのである。いくつかも何も、SIC! BT Watchしか立ち上げていないのに…orz
X01NKは、メール端末として特に最高だと思っているので、それが使えないというのは本当に困る。これはいったいどういうことなのだろう。SIC! BT Watchが想定以上にメモリを喰うのか、X01NKのメモリ管理が狂ってきたのか、はたまた…。
メールを確認するときは、SIC! BT Watchを終了させれば一応の解決はする。しかし、そんなことは、いちいちやっていられないし、常時スマホと繋がっていてこそのMBW-150ではないか。これではとても使えない。
X01NKの硬質な質感やメール端末として抜群の使い勝手を捨てるのは惜しいけれど、ここは一端オーバーホールさせて、他の端末とのペアリングを試してみよう。

*1:端末側でアラームをセットしておくと、アラーム時間に連動してバイブ&メッセージを表示。

*2:MBW-150をS60端末で使用可能にしてくれる神ソフトウェア


マラソン・ジョギング ブログランキングへ