読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

海を越えてきたTUMI(その3)くるくるケーブル for "TreoPro"

スポンサーリンク

TUMIモバイル・パワーパックのエントリーで、僕は、TUMI版「羊羹」でのTreoPro充電が成功したことについて書いた。
巷の評判では、一癖あるという噂もあった「羊羹」バッテリで、充電したフリもせず、しっかりと100%までTreoProを充電出来たことに、僕はとても満足していた。ただ、なぜこのTUMI版だと何の問題もないのだろうと考えているうち、ふと、あることを思いついた。
もしかすると、これは、バッテリ本体が凄いのではなくて、くるくるケーブル側に秘密があるのではないかということだった。

ということで、早速実証(^^;
PCからの充電やモバクルからの充電は、全く問題なかった。さらに、各種外部バッテリでも、

他ケーブルでも動作実績のある、これはもちろんのこと…

昔買ったこれ(Power Brick)でも、

PowerBank slimでも楽々充電出来る。さらには…

eneloop mobile boosterでも、何の問題もなく充電できてしまった。今までは手持ちのどんなケーブルでもダメだったので、諦めていたのだ。これで充電できると、活用の幅が広がるので非常に嬉しい。
結論。
このくるくるケーブルは凄い。このケーブルを使っている限り、TreoProが「充電回りの不便な端末」ことを忘れてしまうほどだ。
プラグを付け替えれば他の様々な端末にも使えるから、TreoPro専用というわけではないけれど、「for "TreoPro"」として売り出してもらいたいぐらい、便利だと思っている。
このケーブルだけ、単体発売してくれないかなぁ…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ