餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

息を吹き返した怪物w

スポンサーリンク


長い間、D01NXやD01HWの筐体へ奉公に出していた黒SIMを、最近EMONSTER(S11HT)に戻して使っている。
あの落下事件以来、僕の怪物にはさまざまな不具合が生じているから、その実力をフルに発揮しているとはいえない。しかしそれでも尚、十分に魅惑的な端末であることを、再び実感している。
最近、もっぱらの使用は、USBケーブルを使っての*1PC接続用なのだけれど、単体で使っても勿論便利で、何でもそつなくこなしてくれる。実に頼れる相棒だ。
とりわけ、ジョグホイールによるWeb閲覧は、たまらなく快適。課題となる通信エリアも、僕の行動範囲においては、SoftBankとほぼ同等の範囲で使用でき(地下を除く)、かつ、繋がるまでの速さも、繋がってからのスピードも、実に優秀。掴みの早いGPSとあいまって、もはや移動時には手放せない。
筐体にボタンが多く、かつ、その配置が絶妙と云うのも気に入っている。親指1本の簡単な操作で、割り当てたアプリを使いこなせるからだ。
端末サイズは、最近の小型・薄型端末に比べれば少しごついけれど、耐えられないほどではないし、Qwertyキーボードを含め、必要な機能が盛り込まれていると考えれば十分に許容範囲。
実を言うと、Qwertyキーボードのキー配列やキータッチは、最初それほど好きではなかった。しかし、慣れればそれなりに使いやすく、ATOK for WMを導入してから、変換も格段に便利になった。
今更ながら、やっぱりこれは名機だなぁ、と思わずにいられない。
僕の場合、WifiRouterでの安定接続に難があるため、iPod Touchとの連携ができなくなったのは痛い*2が、それを差し引いてもなお、愛しさを感じている。
ただ…。(続くw)

*1:BluetoothやWifiRouter経由での接続もできるけれど、うまく動作しない時もあるため、常時安定した通信が可能なケーブル接続方式が気に入っている。

*2:D01HWに黒SIMを入れていた時は、PHS300経由で超快適にブラウジングができていた。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ