読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ワイルドな兄とエレガントな弟

Mobile NOKIA X01NK E71
スポンサーリンク

モバイルオフ会には、8台の端末を持っていったのだけれど、その中で、一番皆さんに注目していただいたのは、NOKIA E71だったと思う。
その筐体に対して、各所で驚きの声が上がっていた。僕も、この端末に初めて触れた時、その衝撃にふっとんだことを思い出す。

とにかく、何という小ささ、薄さ。そして圧倒的な質感。この端末の情報はWeb上に溢れているけれど、どんなにそれを理解していても、いざ手に持ってみると、改めて驚く筈だ。(少なくとも僕はそうだった。)
僕はずっとX01NK(E61SoftBankモデル)を使ってきたから、尚更、その衝撃は大きかった。本当にこれは後継機なのだろうか、と思うほど。あらためて比べてみるとその差は歴然だ。

ただ、E71に惚れ込んだ今でも、先代E61への愛しさはそれほど薄れていない。アルミニウムマグネシウム*1の硬質な感触は悪くないし、大きくて堅いキーもたまに恋しくなる。だから、僕は「ワイルドな兄」「エレガントな弟」と勝手に位置づけて、使い分けを楽しんでいる。
洗練されて優秀な弟の方が一般受け(?)することは間違いないだろうけれど、兄には兄の良さもある。何より完全日本語化されているというのは大きなポイント*2だ。
そして、この兄弟の特徴を最も良く表しているのが、暗闇での姿だろう。

圧倒的な碧い光で主張する兄に対して、エレガントにつつましい光を放つ弟。このコンビが実にいい。
この写真で見ると、ちょっとE71は暗すぎるんじゃないかとも思えるかもしれないけれど、それは僕の撮影技術が足りないだけ(汗
上品な白い光だけれど、暗闇での入力も十分可能だ。E90のQwertyキーボード部よりは、断然明るい。(…って、あんまり説明になってないかも^^;)

【関連エントリー】

*1:mel_f さんからご指摘をいただき修正。マグネシウムと書いたつもりが、なぜかアルミニウムと書いてしまっていたようだ。情けない。

*2:E71の日本語版も登場するかもしれないけれど。いや、登場して欲しい。絶対売れると思うんだけどなぁ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ