餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

落札Uniについてきたおまけ(その1)大容量バッテリ

スポンサーリンク

僕が入札したUniversal JASJARは、いつの間にか値段がせり上がり、結局400ドルを超える金額になってしまった。eBayでは、もっと安い価格で落札するケースもあったので、「ちょっと失敗したかな」と最初は思ったのだけれど、Uniの内容物を色々と確認してみると、案外そうでもないのかなぁ、と思えてきた。
別途に買うと、なんだかんだでお金がかかりそうなものが付属してきたので、意外と得だったのかもしれないとまで感じている。

落札物開梱時の内容。一目で“おまけ”の付属していることがおわかりいただけると思う。

大容量バッテリと専用蓋。別途に日本で買うと1万円以上する。サイクルカウントなどを確かめたわけではないけれど、オークションでの紹介文によれば「purchased 03/29/08」とあったので、それほど使われていたわけではないようだ。

標準バッテリとの比較。標準が1600mAhなのに対して、3800mAhもの大容量があるから、230%ものパワーを持っている。ちなみに、標準バッテリの表面には「For DOPOD 900/QTEK 9000/002 xda Exec」との表記があった。Universal純正であることは間違いないと思うけれど、JASJARの文言がないのはちょっと寂しい。

装着してみたところ。厚みがグンと増して、ごつく重たくなってしまうけれど、Uniはもともとがごつくて重たいので、これぐらい増えたとしてもそれほどは気にならない。
大容量バッテリは、Universalを使い始めたら、必ず欲しくなっている筈のものだったので、こうやって最初から「付属」しているというのは嬉しい。このおまけを生かしながら、バリバリuniを使い倒していきたいと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ