餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

怪物手なずけグッズたち(その1)クリスタルケース

スポンサーリンク

僕が怪物EMONSTERに惚れ込んでいるのは、一昨日のエントリーで書いたけれど、好きだからこそ、より快適に使いたくなる。
ソフトウェア導入などは、まだ殆ど行っていない。Windows Mobile機はこれまで数々使ってきているし、WM6にしても、アドエス*1で経験済みなので、その経験を生かしてゆっくりと環境構築していこうと思っている。
ただ、毎日持ち歩いて使うものだから、外面的には、早めに自分仕様にしておきたい。何しろ、購入前にこれだけのグッズを揃えていたぐらいなのだ。その中で、バッテリチャージャーは既にご紹介済みだけれど、他にも気に入ってバリバリ使っているグッズがある。ということで、僕なりの怪物手なずけグッズ群wを紹介させていただこう。
まずは、クリスタルケースだ。

購入は、電脳中心買物隊。確か、透明のベルトクリップもついていた筈なのだけれど、使わないので放置していたら、見あたらなくなってしまった。購入時に撮影しておかないと、こういう時に困る(汗

裏面。香港から輸入したというのに、日本製のような雰囲気。ただ、書いてある日本語はちょっと怪しい。
「クリアで薄くて軽いのでケース嫌いの人にも最適だという」…って、誰が誰に言ってるんだかw
ちなみに、発売元の商品紹介ページは、こちら

右側面。電源ボタン部、カメラボタン部は、しっかりくり抜かれているので問題無いし、スタイラスが取り出しにくくなるようなこともない。

左側面。ジョグホイールの快適さもそのまま。

下部。一番下のキーが若干ひっかかるような感じになるけれど、慣れればそれほど気にならなくなると思う。microSDカードスロットの蓋は、かなり取り出しにくくなる。ただ、僕は殆ど入れっぱなしなので気にしていない。

裏面。こちらも必要十分なくり抜き。中央の穴は、ベルトクリップ接続用のもの。

唯一惜しいのが、この部分。液晶を最大限までチルトアップさせると、僅かながらキーボードに干渉する。ソフトキーを押すのはかなり厳しくなるので、若干チルトを倒さなければいけない。
結論。
液晶チルトアップ時だけは少し気になるけれど、それ以外は非常に良い。クリケをつけてしまうと、S11HTのマットな質感が味わえなくなってしまうし、僅かながら厚みも増すので、誰にでもお勧めというわけにはいかないけれど、クリケ好きならば、きっと満足できると思う。

*1:アドエスはClassic Editionで、EMONSTERはProfessional Editionだから、完全に同じではないけれど。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ