餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

NHKマイルカップ

スポンサーリンク

本命はファリダット。
ずいぶん遠回りをしてしまった感はあるけれど、何とかギリギリ間に合ってほっとしている。普通に短距離路線を選んできていれば、楽々オープン入りしていた筈の馬だったのに、陣営は迷走を繰り返した。正直、2,200メートルのすみれSに出てきた時は目眩がしたほどだ。
これまで、この馬が使ってきたレースを、出走条件を無視して、距離だけで振り返ってみるとこうなる。

  • 1,400メートル 1着(0.7秒差 圧勝)
  • 1,600メートル 1着(0.5秒差 完勝)
  • 1,800メートル 3着(-0.1秒差 惜敗)
  • 2,000メートル 3着(-0.5秒差 完敗)
  • 2,200メートル 5着(-0.7秒差 惨敗)

完璧な美しさで、出走距離と着差の関係が比例している。1,200メートル戦ならば1秒以上ぶっちぎりそうなイメージで、母である名牝ビリーヴ譲りのスプリンターに育ちそうな気がする。
ならば、底力が問われるという東京マイルでは厳しいか。いや、そんなことはない筈だ。同じ東京マイルのG1でも、安田記念とNHKマイルCは違う。過去、このレースで好走した馬たちは、安田記念よりも圧倒的に高松宮記念で好走している。
例えば今年の高松宮記念勝ち馬ファイングレイン、2着馬キンシャサノキセキは、2年前のNHKマイルカップ2,3着馬なのだ。スプリント適性の高さは、プラスにこそなれ、決してマイナスにはならない。
東京コースのG1勝利に必要な要素は、父方から受け継いでいる。父キングマンボは、このレースで2勝。東京は間違いなく向くし、道悪もいい。日本の名牝ビリーヴを、わざわざ海外まで連れて行って種付けしたほどの配合だ。それはまさに、このレースのためであったと言えまいか。
夢見る宝石、ファリダットの単。
相手は非常に難しいが、1頭選ぶならレッツゴーキリシマ。朝日杯2着、皐月賞5着という実績がありながらこの人気は美味しい。外に馬がいないと引っかかる馬なので、2枠4番というのはまさに絶好枠。「距離短縮&内枠&先行馬」と条件が揃い、かつ、父ライアンならば道悪も味方にできる筈だ。
前走の走りが鮮烈だったディープスカイを3番手に。四位だけに大外ブン回しが危惧されるけれど、道悪で外伸び馬場になりそうなのは好都合。NHKマイル男ノリ鞍上で、最内枠が不気味なサトノプログレスも押さえたい。
他にも目移りする馬は沢山いるが、予想としては、この4頭に絞る。
◎単。◎-○▲★馬連3点。押さえで◎-○▲★ワイド3点。
◎ファリダット
○レッツゴーキリシマ
▲ディープスカイ
★サトノプログレス


マラソン・ジョギング ブログランキングへ