餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

運命の日の朝に思うこと

スポンサーリンク

今日は、イー・モバイルS11HTの記念すべき発売日だ。
EMONSTERなどというダサい俗称には未だに馴染めないけれど、何と言っても、世界で名高いHTC TyTN II の日本版だし、実機のファーストインプレッションもかなり好感触だった。筐体の造りや本体の性能は、間違いなく魅惑的だ。
端末自身の魅力もさることながら、それが今日3月28日に発売されることを知って、僕はある種の運命的なものを感じていた。
なぜなら、今日は僕の誕生日だからである。
この歳になってくると、誕生日を迎えてもそれほど深い感慨はなく、むしろ「またひとつ歳をとってしまったかぁ…」というような思いもあるのだけれど、記念日にこういった端末が発売されるというのは嬉しい。まさに、自分へのプレゼントとして発売されるのではないかとまで妄想したほどだ。
だから当然無条件で購入予定だったのだが、発売日が迫るうちに、色々なことを考え始めて、僕は苦悩の闇に陥った。
何より悩ましかったのは、回線の問題だ。現状僕は、au(infobar)、ソフトバンク(X02HT)、ウィルコム(アドエス)、イー・モバイル(D01NX)と、4回線のランニングコストが掛かっていて、これ以上のランニングコスト追加は流石に厳しい。auやウィルコムなど、最近あまり使っていない回線を落とすことも想定したのだけれど、仕事上の理由等で残さざるを得ないという結論になった。となると、回線の純増しかなく、それが僕には大きな負担になる。
D01NXの1年契約が丁度切れるので、D01NXからS11HTへの乗り換えも検討したのだけれど、そうすると、りなざうでの使用ができなくなってしまうから頭が痛い。(S11HTのSIMは、D01NXに挿しても使えないらしいし…)
プランのやりくりによっては、それほど大きな追加負担にならないかもしれないが、イー・モバイルの料金体系は複雑怪奇で、未だに読み解ききれないままだった。
もうひとつの苦悩は、NOKIA E90の存在だ。長い間の夢だったE90をやっと入手できたというのに、僕はまだ全然それを使いこなせていない。そんな状況でS11HTに走ったら、さらにE90から遠ざかってしまうことは必至で、それではあまりに無節操な気がした。
結論。
運命に逆らうようで、何だか気が引けるのだけれど、やっぱり今日は購入を見送ることとにした。今日のところは、RIKENさん家や、kaduuさん家の御購入報告を楽しむだけにとどめたい。(それを読んでしまって、なお、物欲が抑えきれるのかどうかは自信がないのだけれど…)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ