読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

横画面「固定」で使うアドエス

スポンサーリンク

最近僕は、テンキーが全く使えない身体になってしまった。言うまでもなく、X02HT依存の影響だ。
ストレート筐体でQWERTYキーボードを持つX02HTは、ちょっとしたテキスト入力端末という点では最強で、ひとたびこれに慣れてしまうと、テンキーによるちまちました文字選択など、もどかしくてやっていられない。
なぜ「お」という文字ひとつ出すのに、5回もボタンを押さなければいけないのだろう。そんな、「今更何を言ってる」的な疑問まで浮かんでしまうほど、僕はテンキーでの入力にもどかしさを感じている。
もちろん、いくらX02HTが快適とは言っても、横画面(スライド後)のアドエスには叶わない。だから、電車の中などで、少し長く座れたりする時は、アドエスで文章を書いたりすることもある。ただ、この時に、少し面倒だと思っていることがあった。
画面切り替え時における「もたつき」だ。
キーボードを開くと自動的に横画面へ変更される設定にはしているのだけれど、その時にToday画面を再描画する、その切り替え時間が何だかもどかしい。rlTodayで画面をカスタマイズさせているので、尚更。
切替動作中にも操作はできるけれど、画面のちらつきがきになって、どうにもすっきりしない。一瞬のこととはいえ、どうにも気になる点だった。
しかし、いとも簡単に、そのもたつきを解消する方法があることに気がついた。
横画面「固定」で使うのだ。これは想像以上に快適だった。最初はちょっと違和感があったけれど、僕はすぐに慣れた。よく考えてみれば、最近、僕は横画面でしかアドエスを使っていなかったのだから、早くこれに気がつけば良かったとまで思っている。
もちろん、《電話》としては著しく使いにくくなるし、Webブラウジングにしても、片手で快適スクロールできる縦画面の方が快適だ。ソフトウェアにしても、縦で最適化されているものが多いだろう。だから誰にもお勧めできる方法ではないし、もしかすると殆どの人は使いにくいかもしれない。
しかし横画面でのテキスト入力がメインという使い方を考えると、これもアリなのだろうと思っている。いっそのことテンキー無しで、画面は横いっぱいの方が…更に言えばクラムシェルなら…と、妄想はつきないけれど、現時点ではこれで満足している。
ただ、今後E90を本格的に使い始めた時に、アドエスとの棲み分けをどうするか…については、まだ考えていない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ