餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アドエス大容量バッテリ、ファーストインプレッション

スポンサーリンク


遅ればせながら、Advanced/W-ZERO3[es]用の大容量バッテリをゲットしたので、簡単に第一印象を書きつづってみたい。

大容量バッテリ本体と、専用の蓋。この蓋には、Willcomのロゴこそないけれど、知らない人がみたらきっと純正品だと思うに違いない。

早速装着してみる。このアングルからの写真では、殆ど違和感を感じない。実際はかなり出っ張っているのだけれど、僕はほとんど気にならなかった。重さも十分許容出来るレベルだと思う。
Treoの大容量バッテリでは、厚みの増加によりホールド感がアップし、キーボード部の入力が更に快適になった。だから、アドエスにもそれを期待したけれど、この点に関しては、それほど使いやすくなったとは思えなかった。ただ、僕はもともと縦画面のテンキーはあまり使わないので、特に問題はない。

ポケゲさんからの配送物の中には、矯正用のゴムシートも同梱されていた。これは、蓋の締まりが悪く、外れてしまったり、電源が落ちてしまったりする場合の対策用とのことだ。
僕の場合はどうだろうと、蓋に圧力をかけてみたり、キーボードの開閉を繰り返してみても、蓋が外れることはなかった。とりあえずはしっかりと装着されている*1ようだ。

標準バッテリとの厚み比較。優に倍以上の厚さがある。こうやって並べてみるとエラい違いのような気がするけれど、僕は全く気にならなかった。miniBのUSB端子をつけて、ここまでの厚みに押さえたことは、むしろ拍手喝采ものだと思う。

まずは「フル充電→残量9%」の手順を実行する必要があるとのことで、早速充電中(^^;
アドエス唯一の大容量2400mAh!ポケットバッテリー Advanced/W-ZERO3[es]〜Pocketgames

*1:と、今のところは思えるが、しばらく運用してみないとわからない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ