餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

引導を渡された気がするプレスリリース

スポンサーリンク

最初にニュース記事を読んだ時、僕は、画期的な大ニュースだと思った。
これまで完全な放置プレイがなされていたD01NXのPDA対応がようやく実現し、さらには、当初の予告になかったWindows Mobile 5.0「にも」対応する、と考えてしまったからだ。CFタイプであるがゆえに、W-ZERO3に刺すことはできないけれど、Dell端末やiPAQでは使える筈で、喜んでいる人は多いだろう。「イー・モバイル、やるじゃないか!」とまで思った。
しかし、プレスリリースの内容を見ると、とんでもない罠が控えていることがわかった。

以下のOSについては対応予定としておりましたが、パソコンメーカ様のサポートが終了しているため非対応とさせて頂きます。
・Windows Mobile 2003/2003 Second Edition

はぁ?
僕は呆れて物が言えなくなった。D01NXが発売となった今年4月の発売時点で、サポートが終了することなどわかっていた筈だ。そんなものが非対応の理由になるものか。発売時点のリリースでも、商品告知のパンフレットで、すぐにでも対応するかのように謳い、客を釣っておいて、8ヶ月放置したあげくに、この掌返し。全く信用できない会社だ。
もちろん、あくまで「公式に」対応していないというだけであり、実際はWindows Mobile 2003で使えるという可能性は十分ある。PDA対応ドライバが出来たということが重要であり、あとは工夫でどうにでもなるという考え方もあるだろう。しかし、たとえそうであったとしても、この不信感は拭えない。
D01NXは、以前から「りなざう」への対応が噂されており、具体的な情報が出てきた時には、僕も大いに喜んだ。しかし、公式に発表されていたOSへの対応さえも簡単に覆ってしまうのだから、非公式の口約束状態だった「りなざう」対応など、簡単に反故にされてしまったとしても不思議はない。
今後、LinuxZaurusの新機種が出る可能性はほとんど*1ないのだから、それを理由に、開発が中止されてしまうことはたやすいと思うからだ。
これまで僕は、KDDIのW05Kに乗り換えることをほぼ決めていたけれど、りなざう対応だけがちょっと引っかかっていて、少しだけ様子をみようかとも思っていた。
しかし、これで僕は、イー・モバイルから完全に引導を渡されてしまった気がする。

*1:公式に否定されていない以上、「全く」とは言いたくない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ