餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

なんて素敵なケースinケース

スポンサーリンク


僕は甘かった。
X02HT、iPod touchの驚異的な「薄さ」を実感し、そしてANIARAの並々ならぬ包容力についても理解していた筈なのに、単に《素》で納めることしか思いつかなかったなんて。
butuyokumaniaさんのエントリーで、X02HTをケースに入れたままANIARAへ収納する方法をご紹介いただき、そしてやっと僕は気がついた。いやぁ、もう断然に快適度が違う。そしてキズに対する安心度も。
いや、それでも最初は、素のままの方がいい部分もあると思っていた。X02HTをケースに入れてしまうと、取り出すときにひっかかりがあるし、一緒にiPod touchまで飛び出してしまうような気がしたからである。
しかし、何度か試しているうち、「別にX02HTをケースごと取り出す必要はないのではないか?」と思い、ケースをANIARAに入れたまま、X02HTを取り出してみると、僕の印象はガラリと変わった。

X02HTの純正ケースは、ANIARA内で完全にフィットしているから、無理矢理取り出さない限り、飛び出てこないし、型くずれもしない。だから、入れたままにままにしておけば、ANIARA内のインナーポケットにX02HTを収納する感覚で使うことができるのである。
これならば、《素》で収納するときのように、向きを気にする必要はない*1し、もちろん、iPod touchのキズを心配する必要はない。
いやぁ、「夢の共存」とまで書くのなら、ここまで踏み込まなくちゃなぁ。

*1:これまでは、液晶面同士ぶつからないように気を遣って入れていた。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ