餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

内覧会フォトレポート〜Treoや[es]との比較を中心に

スポンサーリンク


タッチ&トライイベント開始直後。ずらっとテーブルに並んだX02HTの数々を撮ってみた。写真ではもの寂しげに見えるけれど、それは僕の写真技術がないだけである。
ソフトバンクロゴのない評価機も含めて、全部で20台もの端末が用意されており、今回は需要と供給のバランスが見事にとれていたと思う。みな、じっくりとタッチ&トライを堪能していた。

3色揃い踏み。僕の気持ちはオレンジで固まっていたのだけれど、実機を見ると、黒が意外と格好いいので*1、少し迷い始めている。

ホワイトは、あまりにも純白過ぎて、僕にはちょっと気恥ずかしい。

W-ZERO3[es]との比較。VGA領域を誇る[es]と比べてしまうと、流石にX02HTの画面は狭いが、それはそれで割り切れる(と思う)

横からの比較。X02HTの薄さがよくわかる。

Treo680 Crimsonとの比較。Treo680は珍しいらしく、スタッフの方に「写真をとっても良いですか?」と云われてしまった。ということで、これよりずっと綺麗な写真が、内覧会速報のページに載るかもしれない。

Treoと比べても、X02HTは十分に薄い。

Treo750vとX02HTブラックの比較。このブラックは評価機のため、SoftBankのロゴがない。キーのファンクション表記も緑。この表記は、実際の発売機で赤に変更(2枚目の写真参照)されている。赤になったことで、ぐっと締まって渋い気がした。だからこそブラックモデルが格好良く思えてきたのかもしれない。

750vと比較しても、やっぱり薄い。(750vと680は同じ厚さなのだから、当然なのだけれど…)

調子にのって、X02HTホワイトとTreo750vのコラボレーションも撮影してしまった。

内覧会の最後は、恒例の(?)記念写真。

*1:黒はもともと大好きな色だけれど、黒一色じゃないのが不満だった。でも、これはこれで格好いい気がしてきた。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ