餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

《回顧》NHKマイルカップ

スポンサーリンク

良血&名手のタッグが演出した大波乱
17番人気ピンクカメオ、大激戦のNHKマイルCを制覇!!

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 通過順 上3F
7 14   ピンクカメオ    牝3 内田博幸 55 1.34.3 13-14 34.9 17
5 10 ローレルゲレイロ  牡3 藤田伸二 57 1.34.4 1/2 04-03 35.6 1
8 18   ムラマサノヨートー 牡3 小林淳一 57 1.34.5 1/2 13-14 35.1 18
6 12   シベリアンバード  牡3 田中勝春 57 1.34.5 10-10 35.3 15
6 11   トーホウレーサー  牡3 四位洋文 57 1.34.7 11/4 04-06 35.8 7
8 17   ダノンムロー    牡3 武豊   57 1.34.7 ハナ 16-14 35.4 9
7 15 ハイソサエティー  牡3 柴山雄一 57 1.34.9 11/4 08-08 35.9 10
3 5 マイネルシーガル  牡3 後藤浩輝 57 1.35.3 21/2 08-08 36.3 6
8 16 シャドウストライプ 牡3 安藤勝己 57 1.35.3 クビ 18-14 35.9 5
10 7 13 ダイレクトキャッチ 牡3 北村宏司 57 1.35.3 ハナ 16-14 35.9 4
11 1 1 アサクサキングス  牡3 武幸四郎 57 1.35.4 1/2 04-06 36.5 3
12 2 3   オースミダイドウ  牡3 岩田康誠 57 1.35.5 クビ 02-02 36.9 2
13 5 9 ワールドハンター  牡3 蛯名正義 57 1.35.6 3/4 13-10 36.4 13
14 4 8   ゴールドアグリ   牡3 安藤光彰 57 1.35.7 クビ 04-03 37.0 12
15 1 2 マイネルレーニア  牡3 松岡正海 57 1.35.8 1/2 01-01 37.3 11
16 2 4 マイネルフォーグ  牡3 川田将雅 57 1.35.8 10-10 36.6 14
17 3 6 イクスキューズ   牝3 横山典弘 55 1.35.8 ハナ 02-03 37.0 8
18 4 7   キングスデライト  牡3 長谷川浩 57 1.35.9 1/2 12-10 36.7 16
LAP 12.1-10.5-11.6-12.0-12.3-11.5-11.7-12.6
通過 34.2-46.2-58.5-70.0  上り 71.7-60.1-48.1-35.8  平均 1F:11.79 / 3F:35.36
単勝  14 \7600
複勝  14 \1910 / 10 \200 / 18 \3900
枠連  5-7 \1440 (5)
馬連  10-14 \30800 (88)
ワイド 10-14 \7840 (85)/ 14-18 \58890 (152)/ 10-18 \16990 (123)
馬単  14-10 \85620 (200)
3連複 10-14-18 \1221770 (727/816)
3連単 14-10-18 \9739870 (4375/4896)
あまりの驚きで、声が出ない。
終わってみれば、ピンクカメオの17番人気というのは、あまりに舐められすぎだった。何しろ、「安田記念を制したブラックホークの妹という良血」「NHKマイルCに強いフレンチデピュティ産駒」「豪腕内田博幸への乗り代わり」「3勝馬、しかもイクスキューズに先着実績あり」「1戦おきに勝っており、今度は勝つ番」「関東圏では4戦3勝2着1回」という、買い要素満載の馬だったのだ。いったいなぜこれほどの馬が17番人気になってしまったのだろう。
…というのは今だから言えることであって、僕自身、9頭も選んでいながら△さえつけていないのだから、偉そうなことは言えない。ただ、《ブラックホークの妹》という点以外は事前に気がついていて、狙い目かとも思ったのだが、それ以上にG1惨敗のイメージが強く、結局外してしまった。まぁ、いずれにしても、イクスキューズ本命では全くかすりもしないのだけれど…
更に驚いたのは3着に入ったムラマサノヨートーだ。この馬は買えない。どう捻っても、僕には浮かばない。そもそも、こんな馬が出ていたこと自体、殆ど意識していなかったぐらいだから。いったいどういう人がこの馬券を買えるのだろう。2着のローレルゲレイロと同じ「父キングヘイロー」という要素なのか、はたまた、総流し系なのか…いずれにしてもなかなか買えない馬だからこそ、こんな凄い配当になってしまうのだけれど。
レース回顧というか、馬券回顧にしかなっていない気がするけれど、それほどまでに、今日のNHKマイルCは衝撃だった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ