餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

天皇賞(春)枠順確定

スポンサーリンク

淀の3200メートルを走る長丁場のレースだから、枠順は殆ど関係ないような気がする。
とはいえ、前に壁をつくりながら内を抜け出してくる競馬が得意なメイショウサムソンにとって、3枠6番というのは絶好の筈だ。そのメイショウサムソンと1番人気を争う筈のアイポッパーも、真ん中の絶好枠を引いた。
ただ、僕にとって何より目についたのが1枠1番のマツリダゴッホだ。「淀長距離の天才」横山典弘が、内々でじっくりと息を潜めて奇襲をかけるには絶好の枠ではないかと思う。気性に問題がある馬だけれど、そこは小林弘明氏曰く「折り合い先生」のノリならば、きっちりと乗りこなしてしまいそうな気がする。
何しろ、ディープインパクト級の核たる存在がおらず、しかも盾男の武豊がいない天皇賞なのだ。何が起きても不思議はない。展開の読みも含め、実に面白いレースになりそうである。

馬名性齢騎手
11マツリダゴッホ  牡4 横山典弘
12ファストタテヤマ 牡8 武幸四郎
23ユメノシルシ   牡5 吉田豊 
24アドマイヤモナーク牡6 村田一誠
35アドマイヤタイトル牡5 四位洋文
36メイショウサムソン牡4 石橋守 
47トウカイエリート 牡7 川田将雅
48アイポッパー   牡7 安藤勝己
59ウイングランツ  牡7 秋山真一郎
510トウショウナイト 牡6 武士沢友治
611マイソールサウンド牡8 角田晃一
612トウカイトリック 牡5 池添謙一
713ダークメッセージ 牡4 佐藤哲三
714ネヴァブション  牡4 北村宏司
815デルタブルース  牡6 岩田康誠
816エリモエクスパイア牡4 福永祐一


マラソン・ジョギング ブログランキングへ